本の紹介

地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。

ほんと僕たち技術屋は世間に疎くて、経済とか保険等、世間のものに関心を持たない人が多いですよね。

僕も学生のころよく言われていました。

「君は社会の一般常識が足りない」と。それは今も変わっていませんが。

ウダウダ話すのはこの辺にして。

今日は地震保険の話です。

耐震性能によって保険料が違う。免震構造、重要度係数の関係など

建物の構造によって保険料が違う、と前回説明しました。例えば、木造とマンションでは、後者の方が耐震性能が高いので保険料が低いのです。

似た話で、耐震性能によって保険料が違います。

例えば免震や制震構造。これらは現代の技術で最も地震災害を少なくするものです。そのため、免震構造の建物は保険料が少ない(つまり倒壊する可能性が低い)。

次に、一般の建物でも重要度係数を考慮した場合は保険料が低くなります。重要度係数とは、建築基準法に定められた耐震性能を割増す係数のこと。

例えば、一般の耐震性能を「1」とした場合、重要度係数を考慮した耐震性能は「1.25」とか、「1.5」になります。

これは、1.25倍又は1.5倍、耐震性能が高いと言い換えることができます。よって重要度係数が考慮された建物は、保険料が低く設定されるのです。

 

地震被害にあったとき。まずは現場の状況を撮影。

考えたくありませんが、もし地震被害にあったら。まずは現場の被害状況を撮影しましょう。

地震保険の査定額は、被害の度合いで判断されます。建物もそうですが、家財も該当します。

家財を慌てて片付けてしまうと、保険で下りるはずだったお金が戻ってこない可能性もあります。

 

絶対にやってはイケないこと

地震で家が倒壊すると、わざわざ自分たちで火をつけ燃やす方もいます。

なぜなら、地震保険は「地震による火災」も保険が効くからです。地震が起きて72時間以内に発生した火事は、地震による火事だと断定されます。

地震で半壊・全壊したとき、自分たちで火をつけて少しでも多く保険金を頂こうという魂胆です。

図太いですね。

絶対やってはいけませんよ。

 

読了、勉強になりました。

本日、読み終わりました。

保険料の定め方が面白かったです。耐震性によって保険料の割引があること、地震発生の確率に応じて、保険料が設定されている点など、興味深い。

本としては、文章が大きくて読みづらかったですが、図解があるので問題なしですかね。

簡単に地震保険のことを知りたいのならおススメ。

ただし、地震保険の全般的な話題が多いので、地震保険に加入したいけど・・・どうしよう、と考えている人には向きませんね。

「この地震保険が良いよ~」、というハウツー本ではありませんから。そこだけ注意してください。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  2. 1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?
  3. 露出柱脚のキレイな納め方のコツ。
  4. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  5. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】図解・超高層ビルのしくみ、を読んで

    構造設計にかかわるものとして超高層は夢だ。僕も世間知らずの学徒のころ、…

  2. 本の紹介

    【書評】意識すれば普段の生活をアウトドアに!「人間の基本」を読んで。

    僕は田舎生まれ、田舎育ち。でも今は都会に住んでいます。都会で仕事し…

  3. 本の紹介

    【書評】建築史的モンダイ、を読んで。

    この本面白かった。書評の初めにこんなコメントをするなんて珍しい、と自分…

  4. 本の紹介

    【書評】あした死ぬかもよ。

    設計事務所で働いている人の中には、設計という仕事に対する疑問や、年をと…

  5. 本の紹介

    【書評】構造計画の原理と実践で分かった構造家の考え。

    ども、tyazukeです。構造設計は大まかに捉えると、2つの過…

  6. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
PAGE TOP