本の紹介

【書評】「これからの日本、経済より大切なこと」を読んで。

最近の若者(僕ら世代も含む)は、会社に忠誠を誓って家族を犠牲にプライベートを犠牲にする人は少ないと聞きます。

仕事よりもプライベートを重視、働く時間は短く、極端な例になると給料少なくても良いから労働時間を短くしたい、という人もいます。

実は僕もそんな一人です。僕の場合、そこまで極端ではありませんが、少なくとも会社に支配され、会社に従属して生きる人生に不安を覚えるのです。

さて、今回読んだ本は「これからの日本、経済より大切なこと」。タイトルを読んでわかるように、経済よりも大切なことがあるんだ、というダライラマさんのお話を池上さんが咀嚼し、本にしてくれたもの。

そのためか、1冊を通して分かりやすい。

話のポイントは、

・経済を追求して本当に幸せか?

日本人は高度経済成長を通してとてつもないスピードで経済を発展させてきました。一億人総中流と呼ばれるほど生活水準が上がり、皆、一斉に裕福になったのです。一方、歪もうまれました。

人生のほとんどを仕事に費やし、働きづめの日本人。驚くことに、幸福と感じている日本人は少ないのだとか。幸せになるため沢山働いたのに、皮肉なもんです。

日本の自殺者数は交通事故による死亡よりもっと多い。そんな状況が数十年続いて日本人はようやくおかしいことに気づきました。最近のブラック企業問題をマスコミが報じたり、政府が「残業時間」を60時間までにするなど、ようやくいい方向に向かっているのでしょうか。

池上さんが独特の論点を示したのも面白い。日本は他国を追い越せ追い抜けといった具合で、生活水準を上げてきました。

バブルが崩壊しリーマンショックが起きた今でも、「まだまだ日本は頑張らないと!」と鼻息荒くしています。

池上さんは、「日本はよくやっている。まずは今の状況に満足しようじゃないか」と言っています。これはダライラマさんの「足るを知ること」という考えに近い。

現状に満足せず、努力し続けることは凄いことです。また市場経済において「競争」は当然のこと。しかし、それでは疲れてしまいます。

まず「足るを知ること」。そうすれば内部から満たされ、お金お金と追及することもなくなるのだとか。

この本が発売された時期が2013年。

2017年になった今でも響く本です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  2. 商売のカモにできる、建築学生の特徴について
  3. 鉄骨階段の、ササラの検討方法
  4. 建築は道路に支配されている、と言う話
  5. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

関連記事

  1. 本の紹介

    【おすすめ本】 鋼構造の性能と設計 桑村仁

    大学院生のときに購入した参考書です。学校指定の本ではないのですが、鋼構…

  2. 本の紹介

    【書評】リフォーム業者選び50のコツ、を読んで。

    リフォーム業者はほとんどが悪徳業者・・・そんな噂が流れた時がありました…

  3. 本の紹介

    【書評】乱読のセレンディピティ、を読んで。

    何ともしゃれた題名だ。この本を手にとったときそう思った。口に出したとき…

  4. 本の紹介

    地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

    「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。ほんと僕たち技…

  5. 本の紹介

    【書評】建築史的モンダイ、を読んで。

    この本面白かった。書評の初めにこんなコメントをするなんて珍しい、と自分…

  6. 本の紹介

    【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  3. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP