本の紹介

【書評】「これからの日本、経済より大切なこと」を読んで。

最近の若者(僕ら世代も含む)は、会社に忠誠を誓って家族を犠牲にプライベートを犠牲にする人は少ないと聞きます。

仕事よりもプライベートを重視、働く時間は短く、極端な例になると給料少なくても良いから労働時間を短くしたい、という人もいます。

実は僕もそんな一人です。僕の場合、そこまで極端ではありませんが、少なくとも会社に支配され、会社に従属して生きる人生に不安を覚えるのです。

さて、今回読んだ本は「これからの日本、経済より大切なこと」。タイトルを読んでわかるように、経済よりも大切なことがあるんだ、というダライラマさんのお話を池上さんが咀嚼し、本にしてくれたもの。

そのためか、1冊を通して分かりやすい。

話のポイントは、

・経済を追求して本当に幸せか?

日本人は高度経済成長を通してとてつもないスピードで経済を発展させてきました。一億人総中流と呼ばれるほど生活水準が上がり、皆、一斉に裕福になったのです。一方、歪もうまれました。

人生のほとんどを仕事に費やし、働きづめの日本人。驚くことに、幸福と感じている日本人は少ないのだとか。幸せになるため沢山働いたのに、皮肉なもんです。

日本の自殺者数は交通事故による死亡よりもっと多い。そんな状況が数十年続いて日本人はようやくおかしいことに気づきました。最近のブラック企業問題をマスコミが報じたり、政府が「残業時間」を60時間までにするなど、ようやくいい方向に向かっているのでしょうか。

池上さんが独特の論点を示したのも面白い。日本は他国を追い越せ追い抜けといった具合で、生活水準を上げてきました。

バブルが崩壊しリーマンショックが起きた今でも、「まだまだ日本は頑張らないと!」と鼻息荒くしています。

池上さんは、「日本はよくやっている。まずは今の状況に満足しようじゃないか」と言っています。これはダライラマさんの「足るを知ること」という考えに近い。

現状に満足せず、努力し続けることは凄いことです。また市場経済において「競争」は当然のこと。しかし、それでは疲れてしまいます。

まず「足るを知ること」。そうすれば内部から満たされ、お金お金と追及することもなくなるのだとか。

この本が発売された時期が2013年。

2017年になった今でも響く本です。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  2. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  3. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  4. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。
  5. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】私があなたを殺した、を読んで

    東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格…

  2. 本の紹介

    【書評】アメリカを見れば世界がわかるを読んで。

    高校、大学院、社会人になってからというもの、ずっと理系畑を歩んできた僕…

  3. 本の紹介

    【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が…

  4. 本の紹介

    【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身こ…

  5. 本の紹介

    技術者に必要な言葉の技術とは?

    『言葉』の伝え方って難しいですよね。コピーライターという専門職があるく…

  6. 本の紹介

    地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

    「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。ほんと僕たち技…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  5. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
PAGE TOP