本の紹介

【書評】生き延びるための地震学入門を読んで。

建物の構造設計やってます、と言うと地震に物凄く詳しいと思われます。いや、僕は地震学は専門外なんです、と言うと「アンタ何やってんだ」みたいな目が辛い。

建築やっている人にとって地震学の知識なんて素人に毛が生えた程度だと思うんですね。

もちろん、「地震力によって建物がどう影響するか?」という観点なら、いくらでもお話できるんですが。

 

自分自身、そんなジレンマを感じておりまして、この本を読んでみました。タイトルは「生き延びるための地震学入門」。いい感じです。でも最初に文句つけます。

この本、「生き延びるための」はいらなかった。だって、この本を読んでも地震から生き延びる術を学ぶことができないから。

表紙のイラストに騙されて、わかりやす~い防災ハウツー本だと思うべからず。生粋の「地震学本」ですから。

僕は地震から生き延びるためには、地震学を勉強するより「防災」、「建物の安全性」の知識を学ぶ方が重要だと思います。

例えば、1つ防災情報を説明します。マンション住まいの方、地震が来たらドアが変形して逃げられない被害が多かったそう。

 

だから、地震が来たら、玄関のドアは半開きにしておく。そうすると、地震が納まった後、脱出口が確保できます。

本書に書かれている、プレートは1年間で爪の長さと同じくらい移動する、という情報は小ネタにはなるけど、実践では役にたちませんね。

本書は、トメ(本書のイラストレーター、建築学科卒業)がアネに質問する形で、地震学の基礎をレクチャーしている。それは分かりやすい。イラストも良いですね。

 

でも、イラストが分かりやすいから、文章のページになるとゲンナリする。

唯一「へぇ~」と思ったのは、津波の速度が遅くても、別の道から合流した角南によって3倍も速度が速くなるとか、なんとか。

本書は入門編と言いつつ、地震学に興味のない方にはお勧めしない。また防災ハウツーを期待しているなら読まない方が吉。

建築業界の人で、最低限の知識を得たい人におすすめかもしれません。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  2. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  3. youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由
  4. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  5. 【一級建築士】テクニックだけで選択肢を減らす方法を考えてみた【構造】

関連記事

  1. 本の紹介

    【どんでん返し系】名古屋を舞台にした警察もの小説を読んだ

    ども、tyazukeです。警察もの小説割と好きなんですが、一時…

  2. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  3. 本の紹介

    【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています…

  4. 本の紹介

    【書評】知らないと損する池上彰のお金の学校 、を読んで

    今日読んだ本はコレ。知らないと損をする池上彰のお金の学校。池上…

  5. 本の紹介

    地方に住む僕たち。教育格差から抜け出すには?

    僕は人口100人程度の集落で生まれました。近くにコンビニ・スーパなど便…

  6. 本の紹介

    【書評】かしこい住宅リフォームの知恵、を読んで

    今日読んだ本はコレ。かしこい住宅リフォームの知恵。最近リフォー…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
PAGE TOP