本の紹介

【書評】理系バカと文系バカを読んで。

キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。

本書はサイエンスライターの竹内氏(テレビやラジオの出演多数)が、「文理両道が大事」ということを書き綴った本です。そのために、あえて理系バカ、文系バカという汚い言葉を使ってらっしゃいます(今の日本人は、どちらかに偏っているラシイので)。

 

僕も「理系」だ「文系」だと画一的な線引きには違和感を感じていました。だって、そもそも昔の哲学者は数学者・物理学者でもあったわけですし。

ただ本書を読んでいると竹内氏の傲慢さ(あえて、そういう書き方をしている?)というか、他人を見下している感が伝わってきて不快でしたね。

自身は「オレは文理両道だから」の感じが、すごいです。

 

各章を通して自身の体験談が理系バカと文系バカの根拠になっていますし、僕の周りには、そんな極端な人少ないと思うんだけど・・・。

むかーしの古いタイプの研究者には、コミュニケーション全く取れない人もいたかもしれない。だけど、僕みたいな技術者は理系であっても、お客さんを相手に仕事をする。

 

だから空気を読むバランス感覚くらいは誰だって備えています。技術系メーカーさんは、技術者兼営業マンでもあるし。

竹内さんは技術系リーマンとして働いたことが無いのでしょうか?

 

NHKの科学番組に出演されて、物腰穏やかな方だと思っていたのですが・・・。何だかショックです。こんな上から目線の人だとは。

ただ商法としては間違ってないかも。枠組みが好きな日本人。「理系バカと文系バカ」のタイトルに飛びつく人は多そうですね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  2. 【一級建築士】地方ゼネコンから中堅設計事務所へ転職した先輩の話【転職事情】
  3. 日建学院の合格実績88.2%は色々誤魔化してるから気を付けような
  4. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  5. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう

関連記事

  1. 本の紹介

    何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は…

  2. 本の紹介

    【書評】プラチナデータを読んで。

    毎日、かたい本ばかり読んでいないで、たまには小説でも。ミステリー作家、…

  3. 本の紹介

    【書評】私があなたを殺した、を読んで

    東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格…

  4. 本の紹介

    【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も…

  5. 本の紹介

    【書評】ガウディ―建築家の見た夢、を読んで

    ども、tyazukeです。今日読んだ本はコレ。ガウディ…

  6. 本の紹介

    直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  2. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP