建設業界のこと

地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確認できるはずもないし、構造設計者だって細かい内容はわからない。

つまり誰もチェックしていないかも。僕は学生の頃、土木工学科で土質系の研究室にいました。一通り力学試験と物理試験をしましたが、はっきりいって人の手で結果が左右されるものですよ。

もちろんJIS規格の試験なのですが、どうも地盤調査報告書の確からしさだけチェックが緩いことが気になります。それとも、僕たちが知らないだけで沢山の赤チェックが入っているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

土質力学や地盤工学に明るい人物が構造設計者にいない。

そもそも土質力学や地盤工学は土木工学の分野です。建築には関係ない、と考えている人も多いです。また、地盤系の研究室にいて構造設計者になる人なんて聞いたことがありません。ブラックボックスに近いものがあります。

構造設計以上に、見えない分野です。

 

物理試験は人の手に左右される。

僕は学生の頃土木工学科でしたから、一通り物理試験をやりました。これがとてもアナログな試験です。例えば液性限界をチェックする試験では、粘土の土を指で練って、各限界状態を測定するんですね。

機械だから安心!とは思いませんが、人の手で安心とも思いません。杭施工のときは、監理者が後ろで見ているのに。

 

余談 そのうち、土の物理試験センターは無くなる?

ここから余談。これまで多くの建物が日本で建設されました。建築学会では、建築面積300~500㎡に1カ所ボーリング調査をすることになっていますが、とても多くの調査蓄積があります。

そのうち、ほとんどの土地で物理試験が行われ、物理試験なんてする必要がなくなってくるのかもしれません。

少なくとも、今の地盤調査報告書をみると、過去を踏襲しただけの試験結果なので、必要なさそうに見えますよ。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築を勉強したいなら、何県にある大学がおすすめ?
  2. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  3. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    応力を算定する時本当に反力は必要なのか?

    今回の記事は、オチも何にもありませんので、あしからず。突然、学生時代か…

  2. 構造設計に関すること

    柱脚の保有耐力接合の検討方法について

    『ブレース構造は必ず保有耐力接合にすること』は、ブレース構造を成立させ…

  3. 建築のこと

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  4. 構造設計に関すること

    アルミ造のカーポート、渡り廊下など・・・確認申請で構造図書の提出が必要

    ある物件の確認にて。アルミ造のカーポート(車止め)が計画されていました…

  5. 建設業界のこと

    違反業者を一発確認!国土交通省のネガティブ検索って知ってる?

    個人のHPは情報が不確かで、正式な場に提出書類の引用には使えません。し…

  6. 建設業界のこと

    全ての建物で実物大実験ができないだろうか?

    土木・建築業界が他の産業と違って特殊な点の1つが、リハーサルができない…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
PAGE TOP