建設業界のこと

地盤調査報告書って誰かチェックしているの?

地盤調査報告書のチェックって誰が行っているのでしょうか。お施主さんが確認できるはずもないし、構造設計者だって細かい内容はわからない。

つまり誰もチェックしていないかも。僕は学生の頃、土木工学科で土質系の研究室にいました。一通り力学試験と物理試験をしましたが、はっきりいって人の手で結果が左右されるものですよ。

もちろんJIS規格の試験なのですが、どうも地盤調査報告書の確からしさだけチェックが緩いことが気になります。それとも、僕たちが知らないだけで沢山の赤チェックが入っているのでしょうか。

スポンサーリンク

 

土質力学や地盤工学に明るい人物が構造設計者にいない。

そもそも土質力学や地盤工学は土木工学の分野です。建築には関係ない、と考えている人も多いです。また、地盤系の研究室にいて構造設計者になる人なんて聞いたことがありません。ブラックボックスに近いものがあります。

構造設計以上に、見えない分野です。

 

物理試験は人の手に左右される。

僕は学生の頃土木工学科でしたから、一通り物理試験をやりました。これがとてもアナログな試験です。例えば液性限界をチェックする試験では、粘土の土を指で練って、各限界状態を測定するんですね。

機械だから安心!とは思いませんが、人の手で安心とも思いません。杭施工のときは、監理者が後ろで見ているのに。

 

余談 そのうち、土の物理試験センターは無くなる?

ここから余談。これまで多くの建物が日本で建設されました。建築学会では、建築面積300~500㎡に1カ所ボーリング調査をすることになっていますが、とても多くの調査蓄積があります。

そのうち、ほとんどの土地で物理試験が行われ、物理試験なんてする必要がなくなってくるのかもしれません。

少なくとも、今の地盤調査報告書をみると、過去を踏襲しただけの試験結果なので、必要なさそうに見えますよ。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 確認申請で、建築物の外観や内観の質疑があっても良い、という話
  2. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  3. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  4. 【一級建築士】試験でうっかりミスをなくす正しい対処法
  5. アトリエ系事務所のワンマン体制は、どこまで有効か?

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    基礎が回転する耐震壁のD値の考え方について

    普通、建物の基礎は固定で計算します。ここで言う固定は「固定端」のように…

  2. 構造設計に関すること

    小梁はX、Y方向の、どちらに架けるほうが有利か?

    ども、tyazukeです。仮定断面を検討するとき、小梁をどちら…

  3. 構造設計に関すること

    降伏比は何を意味するのか?SS400をルート3で使って良い?

    SN材(建築用鋼材)は降伏比の上限規定しています。なぜか?…

  4. 構造設計に関すること

    EV棟の設計マニュアル その2

    前回に引き続き、EV棟の設計について紹介します。前回のおさらいポイント…

  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。

    ども、tyazukeです。建築嫌い系建築ブロガーとして、散々こ…

  6. 構造設計に関すること

    2本打ち杭基礎のねじり曲げの検討について

    最近の傾向として、杭は複数本打つよりも高支持力の杭にして1本打ちとする…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP