労働のこと

連絡のやり取りはメールを義務化しませんか?

仕事で失敗した経験は皆さんあると思いますが、その多くがコミュニケーション不足らしいですね。実際僕もコミュニケーションが不足して失敗したことが何度もあります。

じゃあなんでコミュニケーションが不足するのか?「そもそもコミュニケーション取りたくない人たちが多いから」だと思うのです。これは仕事を進める上で結構な障害になっています。

もう1つは、「言った言わない」論争。これは電話で仕事の相談をしたり、軽い話のはずみで相談するなど(したと思っていたとか)、電話に頼ったコミュニケーションの問題。

人間は忘れる生き物ですから、「聞いた、聞いていない」という問題になるのです。だから僕はメールを必ず打つようにしています。

それでも失敗した実体験を紹介しましょう。

スポンサーリンク

 

業者さんにメールで伝え、相手は電話で修正要求。

ある方にメールで資料の確認を依頼しました。その方は、資料をみてココとココを直してほしい、と電話で要求してきたのです。その時は、お互いきちんと対処したように思っていたけど・・・?

結果、図面の修正に漏れがでて現場で大騒ぎする羽目になりました。相手が伝えたい内容が僕に伝わってなかったのですね。コミュニケーションは1人ではできません。相手側にも、形に残るメールでの修正を依頼したいものです。

確かに電話は手早いですけど、文章として残るメール、図面を直してほしいなら図面に赤チェックを入れるのが基本です。でなけば、お互いに不幸になります。

現場で大騒ぎするのは本当に疲れますから・・・。

 

改修案件で聞いた聞いていない。

改修物件は僕がやりたくない案件No.1です。その次はEV棟ですかねえ。共通するのは既存建物があること。

だって、面倒ですもの。また、意匠、施主側ときちんとコミュニケーションをしないと、壊したくないのに壊したり、聞いていない設備配管を壊したり。色々です。

神経使うし、工数が増えるのですが、金銭的メリット無し。本当は改修なんて国が推進すべき事業じゃないんですけど(ボソッ)。

まぁ、普段以上に注意するべきですね。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  2. 建築家の長ーい名言を超訳して、簡潔にした。
  3. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  4. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  5. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

関連記事

  1. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  2. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  3. 労働のこと

    今日の更新は夕方。テーマは『奨学金と教育問題について』です。

    昨日は久しぶりに、パソコンを使わず息抜きに出ていました。随分と頭がスッ…

  4. 建設業界のこと

    技術屋は新しい世代の方が損じゃないか?

    昔の時代は良かった・・・と思いませんか?バブルとか、お金や女にまみれた…

  5. 建設業界のこと

    建築業界ほどBetter(ベター)にこだわる業界は他にないと思う。

    僕のいる事務所は、民間物件をプロポやコンペでとれる確率が著しく低くて、…

  6. 労働のこと

    建築士が成長するための、たった一つの能力について

    ども、tyazukeです。建築士が成長するために、必要な能力っ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  5. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
PAGE TOP