建設業界のこと

違反業者を一発確認!国土交通省のネガティブ検索って知ってる?

個人のHPは情報が不確かで、正式な場に提出書類の引用には使えません。しかし、国が公表しているデータは別。例えば各省庁が公表しているHPを引用しても、それは問題にはなりません。

仕事柄、国土交通省のHPをよくみるのですが(僕だけ?)情報量は多いし、有益なデータも多くてブログのネタには助かっています。

今日はその1つ「ネガティブ情報」について。

なんじゃそら、と思うが大勢でしょうか。その名の通り、国土交通省がネガティブ情報を集約してサイトを公開しているのです。このサイトが公開された趣旨がこちら↓

近年、企業の社会的責任を重視する考え方を背景に、コンプライアンス違反等の不祥事を犯した企業の収益や株価が落ち込むなど、一般消費者や投資家(「一般消費 者等」)が市場メカニズムを通じて企業に与える影響がますます大きなものとなっています。

そのような中で、従来の行政の監督に加えて市場による選択・監視を活 用することは、事業者の適正な事業運営の確保のみならず、それを通じて安全・安 心の確保、公正で自由な競争の確保といった行政目的を達成するためにも有効です。

市場による選択・監視の力をより一層活用するためには、事業者の情報開示による 透明性の確保が不可欠です。しかし、過去の処分歴など、事業者にとって有利に働 かない情報(ネガティブ情報)の公開は、事業者自身に任せるのではなく、行政か らも業務を遂行する中で保有した情報を公開していくことが必要です。

とのこと。

要は、ネガティブな情報を公開して安全・安心の確保を行いましょう!とか。まさに市場原理の象徴です。

さて、このサイトの可否はともかく僕は大変面白いと思いました。だって、怪しい業者を知ることができるし、これから新築住宅を建てようと考えている方、初めて使う業者だから不安だと感じる方にもおすすめかと。

スポンサーリンク

 

指定確認検査機関の違反もわかる。

なじみ深い確認審査機関の違反もわかります。1つ紹介します。

日本ERI(株)の建築基準適合判定資格者(確認検査員)が建築物2棟の確認審査を行った際、建築基準法施行令第46条に適合しない建築計画を看過し、確認済証を交付した。また、同じ建築基準適合判定資格者(確認検査員)が別の建築物の確認審査を行った際に、建築基準法第20条に適合しない建築物計画を看過し、検査済証を交付した。

うわぁ・・・。内容が良くわかりませんが20条って構造に関する基準ですよね。これ、設計者大変だったろうな。南無。

 

業務停止された建築士も実名がズラズラと・・・。

一級建築士で検索をかけると、業務停止やら戒告処分(口頭注意みたいなもの?実質的な処罰は無し?)がズラズラと。しかも本名であることが恐ろしい。

最近では名義貸しして免許取り消しされている方もいました↓

長崎県内の建築物(44物件)について、一級建築士として、建築士法第20条第1項の規定に違反し、当該建築物の設計の業務を行う意志がないにもかかわらず、自己の建築士としての名義を、設計図書における設計者として記載することを許した。

 

指名停止された建設会社もでてくるぞ・・・

もちろん施工会社もでてきます。指名停止された建設会社は多数。

 

その他にも色々と。

国土交通省ですから、乗り物関係の会社でも色々とでてきます。興味があればご自身で調べて頂きたいのですが、ヤバい会社は一発でわかりました。

失敗から成功を学ぶ、とは平凡な言葉ですが、このサイトをみれば少なくとも悪いことはやっちゃいけないなぁと思えてきますよ。

実名でネガティブ情報サイトにのらないよう、皆さんも注意して設計してくださいね。

それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 【書評】本田正信VS石田三成
  2. 新入社員の約50%が3年以内に離職する建設業界って・・・
  3. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  4. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  5. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて

関連記事

  1. 建設業界のこと

    全ての建物で実物大実験ができないだろうか?

    土木・建築業界が他の産業と違って特殊な点の1つが、リハーサルができない…

  2. 建設業界のこと

    例えばマンションの一室で地震が起きたら、まず何をする?

    地震が起きたら、何をするのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。…

  3. 建設業界のこと

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

    ども、tyazukeです。就職活動を始めると沢山の会社が目に留…

  4. 建設業界のこと

    技術屋は新しい世代の方が損じゃないか?

    昔の時代は良かった・・・と思いませんか?バブルとか、お金や女にまみれた…

  5. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について

    ども、tyazukeです。建築家は情報発信に初心だ、と書きまし…

  6. 建設業界のこと

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP