建設業界のこと

全ての建物で実物大実験ができないだろうか?

土木・建築業界が他の産業と違って特殊な点の1つが、リハーサルができないこと。また、試験製品が完全にはつくれないことです。

小さい建物でも1つ建てるために、数億円の工事費が必要です。ですから「練習」がないのです。もちろん、熟慮を重ねた設計図や計算書はあるのですが、現場で変更することもありますし、竣工するまでが生き物です。

この特殊性が技術者の神経を尖らせ、悩ませる要因の1つ。

「実物大の実験ができればどんなに良いか。」僕はそう思うわけです。

スポンサーリンク

 

精密化する構造計算

さて、構造設計業界や設計業界をみますと、BIMが声高に叫ばれて久しいですね。政府も積極的に活用しようとしていますし。また、過去の構造計算から現在まで振り返ると(昔のことは詳しく知らないのですが・・・)、モデル化も厳格化されています。

ざっくりと、経験値から決めていたことが、きちんとモデル化するようになった。柱脚のバネも考慮して計算するのが当たり前。剛域も腰壁や垂れ壁まで評価する。

この流れを考えると、将来はさらに精密なモデル化が求められることでしょう。例えば、「小梁のピン接合もバネを考慮せよ」とかね。

 

全ての建物で実験はできるのか?

全ての建物に実物大実験が適用できるのなら、それは構造設計者として強力な武器になります。これまで適合性判定でされた様々な指摘も全て、

「実験より安全性を確認しております。」

の一言で済むからです。しかし冒頭に述べたとおり、建物の実験を行うことは経済的に不合理すぎて到底無理。何とか良い方法はないものでしょうか?

 

方法1 現実と同じくらい精密な解析ができるようになる。

これは今の計算をさらに精密にする方法です。今の構造計算の流れをみるに、どうもこの流れに進んでいる気もするのですが。

いまはFEMもありますしPCの能力が上がれば無理なことではありません。その代わり、僕らの入力作業が大変になりそうですね。

しかし、この精密な解析が実験と同じと認められれば、やる価値はあります。

 

 方法2.同じ比率で小さくした建物で実験を行う。

建物に相似則が適用できるのなら、同じ比率分、建物を小さくした実験も有効だと思います。それでも費用は発生するのですが・・・。

また、建物に相似則が適用できるのか?という問題点もあります。スパンの関係はどうか、応力は単純に比率分だけ小さくなるのか?考える必要があるでしょう。

 

 方法3.部分的な実験を行う。

これは特殊な建築物で行われている方法です。例えば、初めて使う材料であったり、初めての工法では、解析や理論だけだと不安です。そのため、実験を行って解析とどのような差があるのか?

どんな壊れ方なのか?確認します。

 

 まとめ

車は製造してエンジンを確認したり、実際に車を走らせて燃費を確認します。さらに発売してからも、お客様に試乗してもらうなど、様々な場面で「練習」ができるのです。

一方、建物は一度受注したら、実際にお客様が使うまで練習の場面は一切ありません。これが建設業の特殊性の1つです。

大規模な経済活動だからこそ、本当は難解も「練習」をしたい。それに変わる方法が次のブレイクスルーになるのかもしれませんね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  2. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  3. 地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話
  4. 弱軸方向に荷重を受ける部材の許容曲げ応力度について
  5. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

関連記事

  1. 労働のこと

    あと十年後には技能労働者大量離職。職人単価は益々高騰するか?

    まずは下図を見てください。これは、総務省による「技能労働者の大量離職の…

  2. 建築のこと

    建築とテクノロジーのこれからに関する考察

    ども、tyazukeです。現在に至るまで、建築業界は1度の大き…

  3. 建築のこと

    建築設計は嫌いだけど、建築は好きかもしれない。

    ども、tyazukeです。「あいつ、建築辞めるってよ」というタ…

  4. 労働のこと

    ホテル会社を4つも経営。沖縄の老舗ゼネコン「屋部土建」【勝手に会社紹介 第二回】

    今回も沖縄の会社を紹介します。その名も、「屋部土建」さん。…

  5. 建設業界のこと

    技術屋は新しい世代の方が損じゃないか?

    昔の時代は良かった・・・と思いませんか?バブルとか、お金や女にまみれた…

  6. 建設業界のこと

    『団塊の世代』の設計者に建設業界や今の若手について聞いてみた。

    『団塊の世代』とは、高度経済成長以降の1968年ごろ、第1次ベビーブー…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  5. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
PAGE TOP