建設業界のこと

ゼネコンはロボット会社と提携してIcT技術の研究開発をもっと行うべき

世界と比べても日本のゼネコンは開発費用が多い国です。しかし、産業別にみるならば開発費用の低さが目立ちます。

具体的には、売上に対してたったの0.4%。詳しくはこちら。

現役設計者が選んだ、大手ゼネコンランキングと特徴

0.4%って・・・。自動車メーカーや製造業は半分くらい開発費用なんですが。ゼネコンはローテクのままやっていくつもりのようです。僕の懸念は、国土交通省が進めているi-construction。これ自体はいいことなんだけど、今まで高卒の受け皿になっていた「職人」が、無くなるかもしれないのです。詳しくはこちら。

i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

 

つまり、『人の手』から『ロボットの手』というワークシフトの潮流が、建設業界にもやってくると考えています。建設業界は現代でも珍しい、人の手で仕事がされている産業。ですが、ロボット技術が発展すれば、危ない現場にわざわざ人を送ることもない。遠隔操作が基本になります。

そういったIcT技術や、ロボット技術は、建設業の範疇を超えた他分野技術です。簡単に言うと、建設業の仕事を奪われると考えた方が良いのです。官民合わせて年間、60兆円の投資がある建設業界。そのマーケットは安定的に大きい。

これから生まれてくる経営者や、今の経営者も建設業界への参入も視野にいれていることでしょう。

その前に、ロボット技術をゼネコンが取り込んで自分たちのものにしなければ、仕事がなくなっていくのでは・・・?

ゼネコンの開発費用は売上に対してたったの0.4%。それではやっていけいない未来は案外すぐかもしれません。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?
  2. 大学教授は上手い商売なのか
  3. 建物が10cmでも浮かせる方法には、どうすればよいか?
  4. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  5. 【一級建築士】総合資格のテキストを使った感想3つ

関連記事

  1. 労働のこと

    「国土交通省生産性革命プロジェクト」パンフレットを読んだ。

    「国土交通省生産性革命プロジェクト」パンフレットを読んだ。建設…

  2. 建設業界のこと

    オリンピック特需で建築業界は上向くか?

    東京オリンピックが2020年に開催されますね。5年後なので近い。これま…

  3. 労働のこと

    ゆとり世代の新入社員が会社を辞めないためには?

    ダイアモンドオンラインを読んでいたら、『ゆとり世代が「給料」よ…

  4. 労働のこと

    設計事務所に就職した結果手に入る、本当のメリット3つ

    ども、tyazukeです。散々設計事務所のデメリットを上げてい…

  5. 建設業界に関するニュースのこと

    劇的ビフォーアフター終わるってよ。

    大改造!劇的ビフォーアフターが終わりました。もうとっくに終わったと思っ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP