建設業界に関するニュースのこと

超高層はどこまで高くなるのか?

突然ですが、ここはどこでしょう?

 

そう、正解は日本! 夕日に映えるスカイツリーが綺麗ですね。

・・

・・・

ではなくて

実はドバイでした。

スカイツリーに見える建物は、『ブルジュ・ハリファ』。建設費15億ドルをかけて建てられた超高層ビルです。最頂部は828.9m、最上階は621.3mと規格外の高さです。しかし人間が入れる階数は159階まで。160階以上は機械室のようです。

一方、日本の『東京スカイツリー』は634m。電波塔という特殊な用途ですが、なんと160階が第二展望台となっていて、人が入ることが可能です。

『高い建物を創った国が世界を征する』というルールもないのに、国は次々と超高層ビルを建設します。

 

あそこのビルより高く、さらに高く。

資本主義の権化を見ているようです。

現在、ブルジュ・ハリファが世界最高の高さを誇りますが、又してもドバイで世界最高層のビルができます。その名も

『ザ・タワー』

なんか既視感あるなぁ、と思ったらジョジョの

ザ・ワールド

に語感がそっくりじゃないですか。そのうちスタンドで出てきそうです。

で、この設計がカラトラバ氏の設計案が採用されたとのこと。建築家を押しのいて、構造家がコンペとっちゃうなんてなぁ・・・。

建設は今年の10月にスタートしたみたいで順調に進めば2020年の万博には出来上がっているみたいです。

 

超高層ビルを建設しているのはドバイだけではありません。サウジアラビアは1000m!を超えるビルを既に建設中。

一番左がその、キングダムタワー。左から二番目がブルジュハリファです。

 

クウェートでは『ブルジュ・ムバラク・アル=カビール』という超高層ビルが計画中。1001mの高さを誇ります。これも建設されれば、現在の世界1位。

 

超高層ビルは益々高くなる?

これまで世界中で建設されてきた超高層ビルですが、代表的なビルの竣工年と高さを整理します。調べると1931年に超高層ビルが世界で初めて竣工したように思います。

  • 1931年 アメリカ エンパイア・ステート・ビルディング 448.7m
  • 1969年 アメリカ ジョン・ハンコック・センター 457.2m
  • 1974年 アメリカ ウィリス・タワー(旧シアーズ・タワー) 527.3m

意外にも、超高層の歴史は大分古い。今から、40年以上前には500m台のビルはできていたのです。この時代はアメリカが先頭を走っていました。

その後、600mの壁はそのまま40年間破られずに突然、こうなります↓

  • 2011年 UAE ブルジュ・ハリファ 828 m

600mどころか、800mの壁を一気に突き抜けました。40年で300m高くなったということです。

40年で300m高くなると考えるなら、技術が進んで次は1100⇒1400⇒1700・・・際限なく高くなるかもしれませんね。ただ、物には質量があって地球には重力があるわけで。高くすればするほど、自重の影響が大きく不安定。

バベルの塔にならないことを祈るばかりです。(バベルの塔:旧約聖書の神話。実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまった。)

末広がりな形状が、今の超高層ビルと驚く程ソックリじゃないですか。所詮、人間が考えることなんて、そんなもんです。

いくら進歩しようとも、技術の過度な信頼だけは危険だと、僕は思いますね。もう、そんなに高くしなくて良いんじゃない?

そう思います。それでは。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 総合資格が平成30年度合格のポイントを紹介してる件
  2. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?
  3. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  4. 今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける
  5. 一級建築士合格者が語る、「受験のきっかけ」について

関連記事

  1. 労働のこと

    ゆとり世代の新入社員が会社を辞めないためには?

    ダイアモンドオンラインを読んでいたら、『ゆとり世代が「給料」よ…

  2. 建設業界のこと

    業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。

    ども、tyazukeです。就職活動を始めると沢山の会社が目に留…

  3. 建設業界に関するニュースのこと

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

  4. 建設業界のこと

    ホテル事業も手掛ける沖縄の大手企業「國場組」【勝手に会社紹介 第一回】

    昨日、仕事に目途がついた午後8時頃。ふと目に入った名刺の山々。5年間、…

  5. 建設業界のこと

    【建築界の常識】なぜ適判員は事務所に来てくれないのか?【世間の非常識】

    当たり前のことを知人に話していたとき『それ、おかしくない?』、と言われ…

  6. 労働のこと

    僕が体験した図面のチェック体制が整っていない環境と危険性

    他事務所さんの話を聞いて一番ギャップを感じることが、『仕事はチームです…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  3. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP