建設業界のこと

例えばマンションの一室で地震が起きたら、まず何をする?

地震が起きたら、何をするのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。以前、社内にたとき地震が起きました。震度3くらいの揺れだっと思います。僕は急いで頭を守る行動をしたのですが、他の人は何食わぬ顔でボケーと突っ立っている。

建築の専門家がこれじゃぁ、一般の方の防災意識も同じようなものだな・・・。

と嘆きました。

 

地震が起きたら、まず頭を守ること。これが鉄則です。

僕は、中学校の頃から、そう教わりました。中学1年のころ、鳥取県で大きな地震が起きた時、中学校の校舎が結構揺れ(震度3)、図書館にいた僕は慌てて机の下に逃げたのを覚えています。

僕以外の友達は意外と冷静で、そのまま突っ立っている人も多かったです。

結局、その中学校には被害なく、体育館の吊りライト? が落下してガラスが飛び散っていた程度でした。幸い怪我もありません。

震度3でそんな状態ですから、もっと大きな地震が起きたとき人は、立ちすくんでその場から動けない人の方が多いかもしれません。

でも、頭だけは必ず守りましょう。

 

なぜ頭を守るのか?

それは頭が潰れたら、例えば物が落ちて意識を失っただけでも、死に直結するからです。大きな机が無ければヘルメットを用意しておきましょう。

ちなみに、床が落ちるんじゃないか? と思う方もいるかもしれません。が、それはありません(無いとは言い切れないですが)。と、いうのも構造設計で「層崩壊(ある特定の層がぐしゃっとなる壊れ方)」は起きないよう設計しているからです。

また、部屋の中で近寄ら無い方が良い場所もあります。それは窓際です。建物が揺れることで、ガラスは簡単に割れてしまいます。当然、飛散すると危ないです。

しかし最大級の地震が起きた場合、柱や梁自体も危ない。地震がおさまったら速やかに逃げましょう。

問題もあります。地震で梁が変形することで立て付けが悪くなり、ドアが開かない可能性があるからです。その場合、ドアからの脱出は諦めるか、あらかじめドアを開けてストッパーをつけておくといいでしょう(揺れている最中、動けるかは疑問ですが)。または、ベランダから避難階段まで脱出を試みます。

これらの行動に移るためには、ともかく、頭を守りましょう

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  2. 【一級建築士】実力を発揮する試験当日の過ごし方
  3. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは
  4. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  5. 建築は道路に支配されている、と言う話

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    片持ち梁が付かない出隅片持ちスラブについて

    片持ち部材は怖いですよね。固定端の1つで成立している部材ですから。その…

  2. 構造設計に関すること

    大きい柱は弱い、小さい柱は強い?

    構造設計をしている方なら、架構を見ただけでどこに力が集まりそうか、大体…

  3. 建築のこと

    屋根に折板を使うときの注意点3つ。

    ども、tyazukeです。鉄骨造の小さな建物だと、屋根に折板を…

  4. 構造設計に関すること

    効率的な部材と断面性能、重量との関係について

    ども、tyazukeです。何十年も前にやりつくされた議論ですが…

  5. 構造設計に関すること

    角鋼管柱に小梁を取り付ける時の、支点間距離の考え方

    鉄骨小梁を計算するとき、スパンは皆さんどう設定していますか?小…

  6. 一級建築の試験勉強

    主要構造部と構造耐力上主要な部分は何が違うの?

    現在、絶賛一級建築士の勉強中です。何を隠そう僕は一級建築士を無取得組で…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  4. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP