建設業界に関するニュースのこと

劇的ビフォーアフター終わるってよ。

大改造!劇的ビフォーアフターが終わりました。もうとっくに終わったと思っていたのですが。前々から、建築関係者の評判があまり良いくないことは知っていたので。

ただ、僕は高校生のころ、初めてこの番組をみて『匠』すごい! と素直に思ったのを覚えています。

建築関係者に評判悪くても10年以上続いた番組が打ち切りされるのは、ファンの方も悲しいでしょうね。週一のレギュラー放送に対して、建物が出来上がる期間が長すぎて、制作側は辛かっただろうなぁ(東スポ記事)↓

「大改造――」は不便な家を匠がリフォームし、家庭内の問題を解決に導く“家族応援バラエティー”として2002年4月にスタート。06年3月にいったんレギュラー放送を休止し、不定期放送となったが、09年4月に「SEASON Ⅱ」と銘打ち、再始動した。

最終回は今月27日放送。来年1月の改編期を待たずしての打ち切りは異例だ。後番組について制作する朝日放送(ABC)は「未定」とし、今後は特番として放送する意向を示している。

「震災復興に伴い、建設業者やリフォーム業者が東北に向いています。加えて、東京五輪に向けた建設ラッシュが始まっており、番組で業者を集めるのが困難になってきました。我々としても震災復興と東京五輪の成功は重要なことと考えているので、無理は言えません。かれこれ5年ほど前から、番組内で発表する工期に狂いが生じるリスクが高まっており、週1回のレギュラー放送の継続は困難と考えました」

一方、同番組は様々なトラブルも抱えていた。今年7月には番組側の指示で追加工事を行ったものの、その代金が未払いだとして、工事を担当した愛知県の建設会社が朝日放送などに約2900万円の損害賠償を求める訴えを起こした。

「放送開始当初は“テレビ効果”で、番組に出たリフォーム業者に仕事の依頼が殺到するなどの恩恵があったが、最近は復興工事や五輪関連の仕事の方が圧倒的に金になるので敬遠される傾向にある。また番組側の指示が無理難題で『割に合わない』とグチる業者も出てきた。週イチのレギュラー放送だけに納期や撮れ高のプレッシャーはハンパではなく、現場のスタッフはいつも疲れていた」(関係者)

番組的に限界を迎え「そろそろ潮時…」といった表現が適切なようだ。

 

訴訟やら何やら色々ありましたが、良いところもありましたよね。家を建てる手順、問題、みんな何を考えてリフォームするのか? とか。

内向きな建築業界ですが、外に発信できるのは良い機会だっただけに、また形を変えて続けて欲しいと思います。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  2. 優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由
  3. 【書評】耐震構造の基礎は正真正銘の名著だった。
  4. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  5. ご老人のテクノロジーに対する見解に、一言申す。

関連記事

  1. ブログ運営

    1物件の設計完了に必要な日数は、どう計算すれば良いか?

    ども、tyazukeです。入社して間もない頃は、業務を遂行する…

  2. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方

    tyazukeです。僕は設計事務所に勤めています。今年で6年目…

  3. 建設業界のこと

    オリンピック特需で建築業界は上向くか?

    東京オリンピックが2020年に開催されますね。5年後なので近い。これま…

  4. 建設業界のこと

    【逮捕】建築士の『注意力不足』は犯罪です。【嫌だ】

    建築士の皆さんお元気でしょうか?年末に近づいてきまして、嫌でも忙しくな…

  5. 建設業界に関するニュースのこと

    【え・・・】阪大の倉本教授が逮捕!

    毎日ブログを書く習慣があるので、毎日情報収集は欠かせませんが、とんでも…

  6. 建設業界のこと

    設計事務所にインターンへ行くメリットとは?

    このブログで散々、設計事務所はブラックだと公言していますが、まだまだ広…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
PAGE TOP