建築屋さんの転職

最終更新日: 2019.09.29

i-Constructionで職人さんの仕事はホワイトカラーになるか。

いま、国土交通省が流行らそうとしている技術があります。それが『i-Construction』です。日経アーキテクチュアに説明文があったので、抜粋します。

国土交通省は、3Dマシンコントロールなどを使った情報化施工や、構造物の3次元モデルを使って設計・施工を行うCIM、ドローン(無人機)やロボットを使った構造物の点検・補修など、様々なICT(情報通信技術)関連の設計・施工・維持管理技術の導入や開発を進めてきた。

これらの技術を統合した「i-Construction」を2016年度から推進することで、「全体として技能労働者一人当たりの生産性について、将来的に5割向上の可能性がある」と石井国交相は語った。

 

要は、建設現場の生産性向上のために情報通信技術を活用していこう、という取り組みです。報道によると技能労働者1人当たりの生産性が5割向上の可能性がある、と言っていて、相当推進したい技術のようです。

確かに、建設業界は著しくICT技術の導入が遅いこと、そもそもITに疎い人間しかいないことは、このブログでも指摘していました↓。そもそも、FAXなんて時代遅れの機械を採用している時点で・・・。

設計業務に『生産性』っていう言葉あるのかな(笑)

 

また、年配の方はITリテラシーが著しく低く学ぶ気もないので生産性が落ちている、という記事も書きました。

中堅設計事務所にいる老害とITリテラシーの話

 

これらの問題を解決する技術がBIMのハズなんですが、平成26年から話題にもならず国交省の動きも鈍っているように見えます。

で、去年くらいから突然i-Constructionの話題がでたのです。i-Constructionは設計現場の生産性向上ではなく、建設現場の生産性向上に着目しています。10年後、技能者が極端に減るので、国が危機感を感じているかもしれません。

では、このi-Constructionは建設現場を救う希望になりえるか?

考えていきます。

スポンサーリンク

 

i-Constructionが目指すもの

目指すものは、簡単に言えば『生産性の向上』です。大臣の発言によれば、現状の1.5倍の生産性ですから、とても期待されています。国土交通省の書き方をそのまま引用すれば、

  • 1人1人の生産性を向上させ、企業の経営環境を改善
  • 建設現場に携わる人の賃金の水準の向上を図るなど、魅力ある建設現場へ
  • 建設現場での死亡事故ゼロ
  • 『きつい、危険、きたない』から『給与、休暇、希望』を目指して

ですね。

驚いたのは『給与、休暇、希望』を目指して。いや、それって当たり前のことじゃ。建設現場って給与も休暇も希望もない仕事なんですか・・・。この4項目を眺めていたら、最悪の仕事に思えてきましたよ。

で、以上を解決するために具体的に何をするのか? これが重要です。よほど革新的なことでないと、生産性1.5倍は達成できませんから。つまり100人いた現場が67人で済むってことですから。

相当革新的でないと。

 

i-Constructionが可能にする技術とは

土木、建築の始まりは地形測量です。建築の測量は土木ほど大規模ではないのですが、土木はとても広範囲な敷地且つ地形も複雑なので、測量も一苦労です。

ICT技術を活用して、まずはそれを効率化します。それが、

ドローンによる3次元測量。

2

ドローンは悪用されることが多いの良いイメージありませんが、リモート操作で写真測量できるのなら、危険地帯に行くこともありません。

 

2つ目が、3次元測量データによる設計・施工計画。

3

これは建築業界でもBIMが進められているように、土木でも三次元CADを利用した設計の簡略化が進められています。

建築の複雑さを考えれば、土木の方が相性良いと思います。地盤の位置情報をプロットすればいい気がするので。

 

3つ目。ICT建設機械による施工。

4

これが一番革新的だと思いましたね。建設業界のブレイクスルーになるのかも。ただ、少し不安もある。

これまで建設現場は必ず人が居ました。他産業が機械化、AI化している一方で、何時まで経っても人間が作業するなんて珍しい業界です。

しかし、ICT技術を使えば、建設機械をリモート操作することが可能になります。すると、これまで技能者と呼ばれた人材が全く別の人達になる。

と、いうのも建設現場の仕事は、ある種、学業に力を入れてこなかった人たち(不良、昔で言うヤンキー)の受け皿になっていました。建設現場の兄ちゃんって、皆エグザイルみたいな顔付きでオラオラしてるでしょ(差別ではなく客観性を持った意見です)。

彼らは勉強が出来ませんが、体力と力がある。だから、体力と力が必要な建設現場にマッチしたんです。

それが一変して、個室で建設機械をリモート操作する仕事になったとしたら、技能職ではなくて事務職か専門職ですよ。パソコンを高度に操る技術が求められるし、頭も使うでしょう。

つまり、建設作業が力も体力も必要ない、という全く別の仕事になります。もし建設現場の仕事が、力も体力も必要ない、頭やパソコンを上手に使う業務に成ったら、どうですか?

あなたが人事だとして、A『力と体力がある不良』、B『頭が良くパソコンが使える真面目君』のどっちを採用します? 僕だったらBを採用しますよ。

 

i-Constructionは建設現場の生産性を向上させる一方で、これまで現場を支えてきた人材が一変します。新卒採用であれば問題ないですが、果たして、これまで手作業で現場に携わってきた人が、本当についていけるのか?

まだまだ考える余地がありそうですね。

今後も注目していきます。

 

 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 杭施工誤差が生じた時の対処法について
  2. 杭頭補強筋の定着長さはどうやって決めている?
  3. 日建学院の「受講生紹介制度」が建築屋を舐めているとしか思えない
  4. 独立したい!建築業で独立する前に考えるべき4つのこと
  5. 有名建築家になるためのメディア戦略について

関連記事

  1. 建築学生の就活

    大学で実験が好きだった学生に、おすすめしたい仕事3つ

    ども、tyazukeです。構造系の学生なら、大学で実験やってた…

  2. 建築業界の分析

    今後、日本の建築設計者の技術力は中国に負ける

    ども、tyazukeです。「日本の技術力は一番!」「日本は最強…

  3. 建築業界の分析

    隈研吾氏に学ぶプレゼンの手法と喋り方のポイント

    ども、tyazukeです。建築家って本当に言葉巧みですよね~。…

  4. 建築業界の分析

    震災で日本を終わらせないためには?構造設計は大丈夫?

    こんにちわ。本屋にいくと、刺激的な見出しの本が置いてあったので…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築業界の分析

    【転職募集】建築の知識を活かしてIT業界で働きたい・・・!そんな君を応援したい!…
  2. 構造設計の話

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法
  3. 建築業界の分析

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話
  4. 建築業界の分析

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 一級・二級建築士の勉強法

    試験勉強に使える!一級建築士のおすすめ情報サイト5選
PAGE TOP