管理人のこと

『美麗なるロットネス島と竹富島』。美景や動物をみて癒されましょう。

数年前、オーストラリアのパースへ行きました(現地に住む友人へ会いに)。パースは世界で一番美しい街に認定された美景が有名。コバルトブルーの海と、遮るものが何もない広い空。

特に、パースの中でも『ロットネス島』は野生の動物(クォッカ)や植物に触れることができて人気の高いリゾートスポットです。

一方、日本の南国リゾート沖縄も負けてはいません。僕は沖縄が好きで、これまで1人旅で何回か行きました(本島は3,4回、石垣1回、竹富1回)。沖縄もパース同様南国の島ですが、離島の竹富島は上記のパースと同じくらいキレイなビーチでしたよ!

さて、毎回このブログでは建設業界や労働のこと、構造設計のことを書いていますが、『たまには小休止』ということで、ロットネス島竹富島の美景でも見て癒されていきませんか。

スポンサーリンク

 

ロットネス島の美景~ビーチ~

ロットネス島で観光客に一番人気なのが、何といっても『ビーチ』です。ロットネス島は自然保護の意識が高くて、ゴミを勝手に捨てることは許されません。当然、ビーチも手つかずのまま美しい。白い砂浜とは、このことです。

オーストラリアと日本は季節感が真逆で、日本の冬季がオーストラリアの夏季に当たります。ですから、冬休みで旅行に行って、ビーチで泳ぐこともできますよ。

透明度は驚くほど高く、浅瀬なら遠目からでも海底が見渡せます。

 

僕がロットネス島へ行ったときは、半端ではないお金持ちの人が、自家クルーザーを浅瀬につけて、お酒を飲みながらノンビリされてました。

人生の成功者ですねぇ・・・

 

ロットネス島の美景~クォッカ~

ロットネス島ではサイクリングロードがあって、自転車で島を一周できます。その道中、コイツに必ず出くわします。

この動物の名前は、『クォッカ』。カンガルーと同じ有袋類の動物です。ですから、ちゃーんと袋を持っています。

歩き方もカンガルーにそっくりで、両足を使って『ぴょんぴょん』跳ねて移動します。

 

大きさはハムスターが3周りくらいデカくなった感じでしょうか。自転車をこいでいると、突然クォッカが現れて驚きます。轢かないように注意しましょう。

親の袋に隠れるクォッカ。

竹富島の美景~ビーチ~

僕が行ったリゾートの中でも竹富島は群を抜いてキレイでしたね!パースと同じくらい? いやそれ以上かも。規模の大きさはパースですが、竹富島は砂の白さと海の透明度、またこじんまりとしてプライベートを感じられます。

 

竹富島の美景~沖縄の原風景~

手つかずの離島だからこそ、沖縄の原風景が残っています。どこか懐かしく、ほっとする美景です。

 

冬休みのご予定は?

冬休み。どこに行くか決めましたか? まだ決めてなくて沖縄行きたくなったのなら、地元の旅行会社沖縄ツーリストさんでラグジュアリーなリゾートホテル、家族連れで泊まれるホテル、出張で行くからビジネスホテルなど、様々なTPOに合わせて提案いただけますよ。

予約はコチラ⇒沖縄ホテル宿泊予約OTSホテル

そんな時間が無い!という方。ご安心ください。石垣、竹富、西表、宮古島という沖縄の最強離島ラインナップを収録した旅行本はいかがでしょうか。僕も旅行に行けないとき、よく旅行雑誌を見て行った気になっています。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 僕が思う、会社の飲み会に行くと損をする3つの理由
  2. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  3. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  4. 鉄骨造の仕口部の段差の許容寸法と、段差の解消方法
  5. マンションの鋼製手すりは触れるな危険、という話。

関連記事

  1. 管理人のこと

    設計事務所の徒弟制度は組織が育たない最大の悪だと思う。

    4月になって、うちの事務所にも新入社員が入社しました。それも構造設計志…

  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。

    ども、tyazukeです。建築嫌い系建築ブロガーとして、散々こ…

  3. 管理人のこと

    大学院を卒業した僕が、高卒ブラック部長から怒られたことを纏めた。

    大事な新卒カードを使って入社した先が、中小組織設計事務所だったことに心…

  4. 建築のこと

    youtuberが凄い理由と、建築家がクソな理由

    ども、tyazukeです。「建築設計やってます」というと大抵「…

  5. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  6. 構造設計に関すること

    3人の構造家と1人の研究者と会った話。

    社会人になりたてのころ、構造家と構造系研究者が集まる会食に参加したこと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
PAGE TOP