建設業界に関するニュースのこと

【え・・・】阪大の倉本教授が逮捕!

毎日ブログを書く習慣があるので、毎日情報収集は欠かせませんが、とんでもないニュースが・・・。なんと、

阪大の倉本教授逮捕・・・

NHKで放送されているので、もう解禁でいいですよね。このURLです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161116/k10010770701000.html

容疑は収賄容疑。要は企業から大学へ研究費として渡されるお金を、自分の手元に入れちゃったということ。倉本容疑者と同じく東亜建設工業、飛島建設の社員も逮捕されたとな・・・。多分、この研究の件です↓

この研究も自爆したな。

東亜建設工業飛島建設は、大阪大学の倉本洋教授と共同で「既存梁部材の外側補強工法」を開発した。鉄筋コンクリート造(RC造)の既存梁を屋外側から補強できるのが特徴で、屋内に立ち入る必要がないため、住宅の居住者が住み続けながら補強工事を進めることができる。東亜建設工業と飛島建設の2社はこの2月に、日本建築総合試験所から建築技術性能証明の認定を取得した。

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140425/660993/?rt=nocnt

倉本元教授と言えば建築構造界では重鎮中の重鎮。建築学会の数々の規準書にも名前を連ねる人。例えば建築学会のRC規準作成関係委員の、一番上の方に名前が書かれる人なんだなぁ。

逮捕されたとなれば、教授でなく犯罪者だし、どんなに頭が良くても最後がこの終わり方だとね・・・。

規準書の名前はどうするんでしょ?キツイこと言いますが、『規準書!』といういかにも権威ある本の作成委員に収賄で逮捕された者の名前が書いてあるなんて、ねぇ。説得力が無いっての。

倉本容疑者の名前は削除して欲しいです。

それにしても、なぜこの件が明らかになったのか。内部告発かなぁ。火の無いところに煙は立たないと言うし、噂になってたのかもね。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  2. 社会人がお金を使わずに、1日を満足に過ごす思考法
  3. 鉄骨造で注意したい、外壁による鉄骨梁のねじれについて
  4. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  5. 不静定次数を計算して、不安定、静定・不静定を判別する方法

関連記事

  1. 建設業界に関するニュースのこと

    トランプ大統領誕生!日本建設業界への影響は?

    ども、tyazukeです。いやートランプ大統領誕生しましたね。仕事中も…

  2. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  3. 建設業界に関するニュースのこと

    【解説】日建設計が説明した豊洲市場の安全性について

    豊洲市場に関して、日建設計さんが建物の耐震性について言及したようです。…

  4. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来

    建築設計業界も、いよいよAIのビッグウェーブが押し寄せてきたようですね…

  5. 建設業界に関するニュースのこと

    豊洲新市場の件は、『技術論』や『正しい・間違い』の問題じゃない。

    連日、豊洲新市場の件が報道されていますが・・・マスコミも飽きませんねぇ…

  6. 建設業界に関するニュースのこと

    建設現場へGO!を読んでみた。

    国土交通省の「-建設産業戦略的広報推進協議会-」が建設現場へGO! -…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
  2. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  3. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
PAGE TOP