建設業界に関するニュースのこと

トランプ大統領誕生!日本建設業界への影響は?

ども、tyazukeです。いやートランプ大統領誕生しましたね。仕事中もどっちなんだろう・・・と思いながらヤフーのトップページを何度も更新していました。

予想に反して、というか日本のマスコミが『ヒラリー押し』だっただけでしょうか。アメリカ国内では、トランプ勢も多かったようですし。

マスコミが報じないトランプ台頭の秘密

 

さて、僕らが気になるのは『日本への影響』、とりわけ『建設業界はどうなの?』ということですね。

 

日本の建設業界にほとんど影響ない。

はっきり言って、ほとんど影響ないかと。

僕たちはこれまで通り仕事をすることになるようです。トランプ旋風で、残業が減ったり、給料アップなんてしません。逆に仕事が無くなることも無い。

というのも、日本の建設業は『国内で完結している』のです。アメリカ進出している建設企業は、全産業の僅か1.7%!

全く関係なしと言えそうです。

 

一方製造業のように、日本産ブランドを海外に売り出し外貨を得ている企業は一定の影響があります。以下にトランプの公約を示します。

End the radical regulations that force jobs out of our communities and inner cities. We will stop punishing Americans for working and doing business in the United States.
我々のコミュニティや街から仕事を失くすような規制を根源から終わらせる。我々は今後、働くアメリカ人を罰することを止め、アメリカの中で仕事をする。

これも↓

Issue a temporary moratorium on new agency regulations that are not compelled by Congress or public safety in order to give our American companies the certainty they need to reinvest in our community, get cash off of the sidelines, start hiring again, and expanding businesses. We will no longer regulate our companies and our jobs out of existence.
アメリカ企業が国内で再投資を行い、雇用し、ビジネスを拡大する必要があると確信を持つために、議会や公共の安全に影響されない新しい規制機関によって一時的な猶予措置を行う。我々はもうアメリカ企業を規制せず、国内の仕事も失わせない。

参考URL TOKYOPROJECTさんより

 

トランプはとにかくアメリカ重視

つまり、トランプは、『とにかくアメリカ重視』なんです。良い意味でも悪い意味でも。悪い意味というのは、これまで世界の警察だったアメリカですが、『それはやーめた』というのです。

すると、嬉しいのは中国、北朝鮮、ロシア。これまでアメリカの目が光っていましたが、世界の警察を辞めれば、好き勝手にやるでしょう。アメリカの目はアジアでも光っていましたが、これから荒れますね・・・。

 

上記の公約のように、『アメリカ人のためのアメリカ人によるアメリカ人の世界』をつくりたいトランプは、日本の製造業も嫌いです。

ですから、参加国間で関税の撤廃、自由貿易を促進するTPPも反対です。日本の自動車業界はアメリカに車を輸出していますが、このときアメリカは輸入車に対して25%の関税を設けています。

TPP加盟国は、これが撤廃されるのですから、どんどん海外へ輸出しろ!となるのです(但し、現状日本は輸出よりも現地生産が多いので影響無いという見解もあります)。

といった、恩恵を受けるはずだった自動車業界は一点して暗雲が・・・。そのうち、日本企業はアメリカ国内から出て行け!と言い兼ねませんし。

 

そう言った意味でも、アメリカに進出してない、あまり外国との関わり合いが無いガラパゴス業界(=建設業界)は、関係ありません。

但し、グローバリゼーションが広がる中、建設業だけ極端に海外進出が少ないのも、心配ですが。優秀な海外の人材にとって変わらないように英語も頑張らねば。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログを1ヶ月に100記事書いて感じたメリット、デメリット
  2. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ
  3. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  4. 二級建築士の受験資格について
  5. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣

関連記事

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来

    建築設計業界も、いよいよAIのビッグウェーブが押し寄せてきたようですね…

  2. 建設業界に関するニュースのこと

    劇的ビフォーアフター終わるってよ。

    大改造!劇的ビフォーアフターが終わりました。もうとっくに終わったと思っ…

  3. 建設業界に関するニュースのこと

    中古住宅市場は成長産業? あと10年後、ストックビジネスがくる!

    今回は、10年後はストックビジネスがくる! ということで考察します。と…

  4. 建築のこと

    隈研吾氏の新国立競技場、その見どころ3つをまとめた。

    ども、tyazukeです。ゴタゴタ続きだったオリンピックの新国…

  5. 建築のこと

    何でもかんでも建築的に解決しようとするな、という話

    ども、tyazukeです。今朝、こんなニュースを目にしました。…

  6. 労働のこと

    あと十年後には技能労働者大量離職。職人単価は益々高騰するか?

    まずは下図を見てください。これは、総務省による「技能労働者の大量離職の…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
PAGE TOP