建設業界のこと

【逮捕】建築士の『注意力不足』は犯罪です。【嫌だ】

建築士の皆さんお元気でしょうか?年末に近づいてきまして、嫌でも忙しくなる時期になりました。退職まであと1年半年。辞める日が近づいてくると、余計に『長いなぁ』と感じます。

僕はこれまでの5年間、紛いなりにも建築設計のお仕事をしてきました。『紛いなりに』とは、一級建築士を持っていないので、本当の意味では仕事ができていないからです。さて、ここだけの話。これまで受験するチャンスは3回ありましたが、実は、まだ一回も受験したことがありません。もちろん、受験資格は持っているのですが、毎度気乗りしなくて受験拒否。

言い訳すると今年は執筆活動、ライターとしての活動が忙しく、その前年もサイト製作やブログ製作の日々を過ごしておりましたので。もちろん、会社に対しては『いやぁ、落ちちゃいました』と言って、やり過ごしているのですが。

でも、今年は違います。今後、建築業には関与しないつもりですが、辞める前に一級建築士ぐらいとっておこうと思います。なにかと資格を持っている方が得ですし。一級建築士持ちは、建築業界では活きませんが、他業界ではチヤホヤされるかもしれません。

でも『一級建築士になる』、ということは大変な責任も付きます。僕のゆっるい考えで、設計の仕事をするのは危険でしょう。既に一級建築士の方はご存じだと思いますが、建築士は『善管注意義務』を遵守する義務があります。・・・はて?と思われた方、ヤバいです。あなた逮捕されますよ。

スポンサーリンク

 

『善管注意義務』とは何か?

『善管注意義務』とは、簡単に言えば『しっかり注意して仕事しろよ!』ということです。強めの語調で書いたのは、これが『義務』だからです。建築士は『士』と付くように、国が行う建築士試験を合格した者しか名乗ることができません。誰でもできる仕事ではなく、『建築士』と、国から認められた者だけが、業務を独占できるのです。

業務の独占なんて普通許してくれません。それを許すほど強い効力が建築士にはあります。要するに、重要な仕事なんです。

そのため建築士にミスは許されません。では、建築士は何をしっかり注意するのか?それは設計図書全般。構造設計であれば、構造図、構造計算書。意匠設計者であれば、意匠図全てです。特に、建物の安全性と密接な関係のある『構造設計』は、『注意して当たり前』です。

 

もし、構造設計者が仕事でミスったら?

意匠設計者が多少ミスったところでクレームが付く程度。大事には至りません。意匠に絡むクレームって、建物の安全性には関係ないですから。一方、構造設計者が多少ミスったら終わり。何が終わりかって?

あなたの人生が終わるのですよ。

比喩ではありません。建築士としての善管注意義務を怠ったのですから。それほど建築士の責任は重いのです。こと、構造設計者には付き纏う重さが半端ではありません。逮捕されたら、あなたの人生どうなりますか?お先真っ暗ですよね?

だから、構造設計者になるべき人材は、適当な者には勤まりません。勤勉で、言われたことをキチッと行い、時計の針みたいに狂わない人。クラスに40人学生が居たら1人くらい居る地味~な学生。そんな人が向いています。

 

半端な覚悟で構造設計者にならないほうが良いよ。

僕は半端な覚悟で構造設計という仕事を選びました。後悔はしていませんが、思っている以上に、現職への適性がないことが分かりました。学生の皆さんは、改めて自分の適性を理解すると懸命です。

これは提言ですが、設計事務所の多くは入社にSPIを実施しませんよね?意外と、適性検査はやっておくべきかなぁと思います。仕事に必要なことは知識ではなく、適性。学生時代に多くの知識を身に着けても、あまり役に立ちません。それよりも、自分の性格と適性を見極めて仕事を選ぶべきでしょう。

現役構造設計者からの提言でした。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。
  2. 未来の建築は、お金持ちだけに与えられる
  3. 建築は自然を壊しているのでは、と言う話
  4. ソファやベンチに座るとき、一番安定する位置はどこか。
  5. 一級建築士受かりたい?じゃあ仕事なんて無視しろ

関連記事

  1. 構造設計に関すること

    柱符号、梁符号の付け方について

    柱符号、梁符号の付け方悩みますよね。あまり細かく分けると施工性が悪くな…

  2. 建築のこと

    地震の被害は天災じゃなくて人災だ、と言う話

    ども、tyazukeです。日本は地震国です。地震によって大きな…

  3. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目

    ども、tyazukeです。僕自身、建築設計を辞めようと思うこと…

  4. 構造設計に関すること

    カラトラバ「石を吊るすだけでも表現方法になりうる。」

    何のことだ、と思われたかもしれません。「石を吊るすだけでも表現…

  5. 建設業界のこと

    【建築界の常識】なぜ適判員は事務所に来てくれないのか?【世間の非常識】

    当たり前のことを知人に話していたとき『それ、おかしくない?』、と言われ…

  6. 建築のこと

    建築屋さんが覚えるべき、たった2つの構造計算とは

    ども、tyazukeです。「建築」は、一口で言えないほど分野が…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 設計事務所に関すること

    業界人が教える組織設計事務所の年収ランキング。
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP