管理人のこと

ブラック部長、あなたは仲間じゃなかったんですか・・・。

休み明けから出張で打合わせってすごく嫌ですよね・・・。日曜日の夜中から鬱々とした気持ちが延々と続きますし。一週間の疲労度が全く違います。もう日曜日から疲れているんですよね。

1人で打合わせ行ける方が気が楽で、ブラック部長と一緒に出張なんて、絶対避けたい事案の1つ。でも僕は、一級建築士を持っていないですし、そもそも1人で打ち合わせは会社として避けるべきなので、ブラック部長が憑いてきます。

話なんて合うはずがないのに、無理やり合わせなきゃならないのも苦痛。帰りの新幹線はもっと苦痛で、ブラック部長はビールを一杯飲むため、それに付き合わなきゃならない。ブラック部長はお酒を飲むと、性格がさらに改悪されるので、ほぼ満員の新幹線の中、僕のダメな点を延々と垂れます。

絵にかいたようなクソ部長ですよね。僕は2時間くらい恐縮して、なぜか謝ってなきゃならないので、見せしめも良いとこです。

オレが昔はどうだった、こうだった・・・お前はだからダメなんだよ、とかね。

はぁ、うぜぇ。

スポンサーリンク

 

ブラック部長、チェックしましたよね?

今回の打ち合わせでは、役人へ構造計算書の説明を行うというもの。もちろん、細かい計算を相手に説明することはないですが、半素人の役人へ説明するのは骨が折れます。1を説明するために10説明資料を作成する羽目になりますからね。一方、素人のクセに役人は素直に『ハイハイ』と頷きません。『何か言ってやろう』と言わんばかりに茶々を入れてきます。面倒な人たちです。本当に。

ちなみに、部長は本当にただの付添で、資料作成は全て僕が行います。部長にとっては旅行と同じなんですよ。気楽なもんです。

で、打ち合わせ最中。僕は相手に頑張って説明していました。隣にはブラック部長がいます。ブラック部長は、僕の説明にうんともすんとも言いません。というか、頷きもしていません。置物です。

まぁいいや。結構、順調だなぁと思っていたら・・・。ある説明項目で突然、

『いや、それはおかしいやろ!君の説明はおかしいわ。こう、こう、こう言うことやろ!』と部長。

部長、あなたは仲間じゃなかったんですか・・・。

僕とブラック部長は険悪な仲といえど、同じ会社のチームじゃないですか。わざわざ相手方の前で叱るなんて。仮に僕の説明が間違っていたとしても、僕は一度説明資料を部長に提示していますからね。つまり、部長が承諾した資料を、相手方に喋っているわけです。

まぁ、100歩譲るとしても、相手がいる前で叱るなんて愚の骨頂。部下が間違いを喋っているのなら、相手に否を説明しつつ『説明に間違いがありました。失礼しました。』の一言で、十分でしょう。

もう嫌だ、この会社。この上司。

 

ブラック部長、助け舟一切なし。

そんなこんなで、少しパニックになって説明に戸惑っています。ブラック部長は一切助け舟を出しません。じっ・・・と僕の横顔を見るだけです。無言の圧力をかけているわけです。

ところで、僕は学生時代、レジ打ちのバイトをしていました。レジ打ちは時間との勝負で、遅くなるとお客さんがイライラして、僕の顔をジロジロ見てくるんですよねぇ。それ以来、僕はどんなに行列のレジでも、レジ打ちの人の顔をみないようにしています。プレッシャーかけることになって、逆に失敗するから。

ブラック部長はジロジロ見る客のように、『早く喋ろよ』と、無言で圧力をかけてきます。『えー』とか、『少々お待ちください。』と言って、僕が乗った船が沈んだ後、ブラック部長が登場します。

ブラック部長、遅いです。もう、僕は沈没しました。

よし。そろそろ藁人形でも用意して、ブラック部長に呪詛を掛ける練習をしよう。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 耐震性で決める、マンション・アパート選びのポイントについて
  2. 【徹底比較】一級建築士の定期講習費用が安い機関「9選」
  3. 社畜の僕が、毎日でもブログを更新できた4つの秘訣
  4. 家は影の下なのになぜ熱いのか?
  5. 建築系ブログを500記事書いて何が変わったか?

関連記事

  1. 労働のこと

    【コイツ】負けない設計者になるために・・・?【何言ってんだ】

    『負けない設計者になるために、建築紛争から学ぶ設計実務』という本を読み…

  2. 管理人のこと

    管理人が最近考えていること。地方移住について。

    仕事が疲れたなあ・・・。最近、精神的な衛生状態が良くないです。まあ、鬱…

  3. 労働のこと

    時間で変わると思っている?怒られる人は60歳になっても怒られるよ。

    いつの間にか28歳になりました。30歳を手前にして思うことがあります。…

  4. 構造設計に関すること

    優しい性格の人は建築士に向いていない、たった一つの理由

    ども、tyazukeです。「建築士に向いている性格、向いていな…

  5. ブログ運営

    この建築系ブログを使って、何をやりたいか考えた

    ども、tyazukeです。このブログを始めて2年以上経ちました…

  6. 建設業界のこと

    優秀な構造家が育つ、組織の在り方とは?

    ども、仕事は大してしないのに組織論が好きなtyazukeです。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  2. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  4. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP