建設業界のこと

技術屋は新しい世代の方が損じゃないか?

昔の時代は良かった・・・と思いませんか?バブルとか、お金や女にまみれた経験はしたくありませんが、当時の技術屋さん羨ましいなあと思います。なぜって、技術を順番に勉強できるから。

はあ? 昔は盆や正月無し、昼夜問わず仕事漬けの毎日だったけど?

それはご苦労様です!

僕が言いたいのは、知見は時代が新しくなるほど積み重なっていく、ということ。技術は進歩しますよね?でも、技術だけが進歩しているわけではなくて、それを利用する人間もさらに多くの知見を身に付けないとダメなんです。

例えば、昔は片持ち梁の1Gの検討なんてしていましたか?してませんよね。RCの柱梁接合部なんてややこしい問題ありましたか?ないですよね。2次設計やってましたか?やってませんよね^^;。

要するに後から生まれてくる世代は覚えることが沢山あるうえに、順番に勉強させてもらえないんですよ。一方、古い人間であればあるほど順番に勉強できます。

例えば、1次設計だけやっていれば良かった時代で、1次設計をマスターします。後に2次設計の概念が現れて、じっくり勉強できるじゃないですか。

いいですなー。

知識にはレベルがあります。低度から高度な知識まで様々ですが、1+1=2のような四則演算を知識レベル1とすれば、ポアンカレ予想を理解する知識は知識レベル10でしょう。つまり、1~10ある知識の幅の中で、僕たちは急に10を理解できないんです。

仕事も同じ、のはずですが設計事務所ではそんなに丁寧に教えてくれません。急にレベル10の仕事を『ヤレ。』と言われます。社員全員が忙しくて、新人教育が出来ていないのは中小企業全体の悪習かもしれませんが。知り合いの大企業に話を聞くと、OJTは必ず付くと言われました。(そこでOJTの意味を始めて知りました・・・)

何が言いたいのかというと、

設計事務所だけは止めとけ

以上、ありがとうございました。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  2. 一級建築士に落ちたときの1週間の過ごし方
  3. 建築とテクノロジーのこれからに関する考察
  4. 僕がオーストラリアのパースで見た、緩い働き方
  5. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

関連記事

  1. 建設業界のこと

    副本、控えは必要ない。原本の「同期」とVR技術による申請業務の簡略化提案

    新入社員に任せる仕事は少ない。それでも、申請図書の印刷くらいはできるだ…

  2. 雑学

    元気がなくなったときに聞く曲4つ。

    マキシムザホルモン:恋のスペルマ、ぶいっきかえす等。高校から好きな…

  3. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の重心位置を求める方法

    ども、tyazukeです。ある日、意匠設計部の上司から頼まれま…

  4. 労働のこと

    設計業務に『生産性』っていう言葉あるのかな(笑)

    『生産性』という言葉、よく聞きます。生産性を上げろとか、生産性をよくし…

  5. 構造設計に関すること

    構造設計って、どんな仕事だろう?『本質』を探る。

    構造設計という仕事をしていますと、街歩きをしていて『あー、コレ無理して…

  6. 労働のこと

    ホテル会社を4つも経営。沖縄の老舗ゼネコン「屋部土建」【勝手に会社紹介 第二回】

    今回も沖縄の会社を紹介します。その名も、「屋部土建」さん。…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 建築のこと

    建築家、真正面から写真を撮られたくない説を検証する。
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP