建設業界のこと

技術屋は新しい世代の方が損じゃないか?

昔の時代は良かった・・・と思いませんか?バブルとか、お金や女にまみれた経験はしたくありませんが、当時の技術屋さん羨ましいなあと思います。なぜって、技術を順番に勉強できるから。

はあ? 昔は盆や正月無し、昼夜問わず仕事漬けの毎日だったけど?

それはご苦労様です!

僕が言いたいのは、知見は時代が新しくなるほど積み重なっていく、ということ。技術は進歩しますよね?でも、技術だけが進歩しているわけではなくて、それを利用する人間もさらに多くの知見を身に付けないとダメなんです。

例えば、昔は片持ち梁の1Gの検討なんてしていましたか?してませんよね。RCの柱梁接合部なんてややこしい問題ありましたか?ないですよね。2次設計やってましたか?やってませんよね^^;。

要するに後から生まれてくる世代は覚えることが沢山あるうえに、順番に勉強させてもらえないんですよ。一方、古い人間であればあるほど順番に勉強できます。

例えば、1次設計だけやっていれば良かった時代で、1次設計をマスターします。後に2次設計の概念が現れて、じっくり勉強できるじゃないですか。

いいですなー。

知識にはレベルがあります。低度から高度な知識まで様々ですが、1+1=2のような四則演算を知識レベル1とすれば、ポアンカレ予想を理解する知識は知識レベル10でしょう。つまり、1~10ある知識の幅の中で、僕たちは急に10を理解できないんです。

仕事も同じ、のはずですが設計事務所ではそんなに丁寧に教えてくれません。急にレベル10の仕事を『ヤレ。』と言われます。社員全員が忙しくて、新人教育が出来ていないのは中小企業全体の悪習かもしれませんが。知り合いの大企業に話を聞くと、OJTは必ず付くと言われました。(そこでOJTの意味を始めて知りました・・・)

何が言いたいのかというと、

設計事務所だけは止めとけ

以上、ありがとうございました。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 一級建築士の定期講習費用は自己負担?会社が払ってくれないの?
  2. 二級建築士の受験資格について
  3. 【書評】本田正信VS石田三成
  4. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  5. 建築屋さんが覚えるべき最低限の構造計画3つ

関連記事

  1. 労働のこと

    建設業を土曜日が当たり前に休める産業にするために、できること。

    ども、tyazukeです。建通新聞の社説より、抜粋しました。…

  2. 労働のこと

    設計業務に『生産性』っていう言葉あるのかな(笑)

    『生産性』という言葉、よく聞きます。生産性を上げろとか、生産性をよくし…

  3. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。

    ども、tyazukeです。建築嫌い系建築ブロガーとして、散々こ…

  4. 生きる知恵

    モノ嫌いの僕が愛用している、スノーピークのマグカップ

    ども、tyazukeです。僕はモノが嫌いです。必要最低…

  5. 労働のこと

    ホテル会社を4つも経営。沖縄の老舗ゼネコン「屋部土建」【勝手に会社紹介 第二回】

    今回も沖縄の会社を紹介します。その名も、「屋部土建」さん。…

  6. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収

    ども、tyazukeです。「建築士になったら、いくら稼げるんだ…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  3. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  4. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  5. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
PAGE TOP