本の紹介

【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

ども、tyazukeです。

建築設計の実務を続けていると、学生の頃常に抱いていた「建築の楽しさ」を忘れます。そんなとき、ふと棚においてあった本を眺めていると本書を見つけました。

『建築ノート』

当時好きだった建築物は、今見ても良いなあと思います。

僕が好きな建築家 ゴッドフリートべーム

ゴットフリートベ―ムはドイツ出身の建築家です。日本の評価は彼の建築はアントニオ・ガウディのように好き嫌いがハッキリと分かれています。RCを用いた有機的な建築物、内観は光と言うより影を巧みに用いています。

内観はランダムに空間がくり抜かれ、外観も対称性はなく面白い形をしています。今、構造設計の実務をしている立場で本書を読むと、非常にいやーな形をしていますが笑。

 

学ぶは真似ること。

誰しも好きな建築がありますよね。内観がおしゃれとか、理由は様々だと思いますが。実は、その時好きな建築って時間が経ってもそんなに変わりませんし、それが、大げさにいうと自分のデザインの源流になると思います。

学ぶ=真似るという言葉は良く知られていますが、どんな偉大な建築家も無からアイディアを生みだしていません。先人の建物、自然物だったり、形を真似ることで設計の考え方を昇華させます。

 

君にも好きな建築があっただろ?

貴方も好きな建築があると思います。まだ見つかっていない人は本書や新建築を探しましょう。見つかれば自分のデザインの方向性が見つかり、将来設計するときの助けになると思いますよ。

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  2. 有名建築家になるためのメディア戦略について
  3. 中小規模の設計事務所への就職はアリ?ナシ?
  4. 信念・思想が無ければ、タダの図面屋に成り下がる、と言う話
  5. 大手設計事務所と中堅設計事務所の建築は何が違うのか?

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】ガウディ―建築家の見た夢、を読んで

    ども、tyazukeです。今日読んだ本はコレ。ガウディ…

  2. 本の紹介

    【書評】理系バカと文系バカを読んで。

    キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。…

  3. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。…

  4. 本の紹介

    【書評】読んで旅する世界の名建築、を読んで。

    今日読んだ本はコレ。「読んで旅する世界の名建築」です(一番下の画像は同…

  5. 本の紹介

    【書評】建築家の講義 サンチャゴ・カラトラバ

    ども、tyazukeです。建築業界でも、世界的な有名人は多いで…

  6. 本の紹介

    【書評】ゼロから始める建築知識「鉄骨造」を読んで

    本書はエクスナレッジが出版している「ゼロから始める建築知識シリーズ」の…

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    所員はミタ!転職した方が良い設計事務所の特徴3つ
  2. 建築のこと

    藤村龍至が唯一無二の存在に成れたメディア戦略について
  3. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった、一級建築士の合格率と難易度の推移
  4. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP