本の紹介

【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

ども、tyazukeです。

建築設計の実務を続けていると、学生の頃常に抱いていた「建築の楽しさ」を忘れます。そんなとき、ふと棚においてあった本を眺めていると本書を見つけました。

『建築ノート』

当時好きだった建築物は、今見ても良いなあと思います。

僕が好きな建築家 ゴッドフリートべーム

ゴットフリートベ―ムはドイツ出身の建築家です。日本の評価は彼の建築はアントニオ・ガウディのように好き嫌いがハッキリと分かれています。RCを用いた有機的な建築物、内観は光と言うより影を巧みに用いています。

内観はランダムに空間がくり抜かれ、外観も対称性はなく面白い形をしています。今、構造設計の実務をしている立場で本書を読むと、非常にいやーな形をしていますが笑。

 

学ぶは真似ること。

誰しも好きな建築がありますよね。内観がおしゃれとか、理由は様々だと思いますが。実は、その時好きな建築って時間が経ってもそんなに変わりませんし、それが、大げさにいうと自分のデザインの源流になると思います。

学ぶ=真似るという言葉は良く知られていますが、どんな偉大な建築家も無からアイディアを生みだしていません。先人の建物、自然物だったり、形を真似ることで設計の考え方を昇華させます。

 

君にも好きな建築があっただろ?

貴方も好きな建築があると思います。まだ見つかっていない人は本書や新建築を探しましょう。見つかれば自分のデザインの方向性が見つかり、将来設計するときの助けになると思いますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。
  2. 冗談抜きでマリオサルバドリーの『建築の構造』だけは読んどけ。
  3. 10年後に無くなる建築の仕事を考えてみた
  4. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。
  5. 失敗した部下の叱り方と、叱った後安心させるたった1つの方法

関連記事

  1. 本の紹介

    地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」①

    「仕事は、建物の構造設計をやっています。」「そうなんですか。すごい…

  2. 本の紹介

    【書評】あした死ぬかもよ。

    設計事務所で働いている人の中には、設計という仕事に対する疑問や、年をと…

  3. 本の紹介

    技術者に必要な言葉の技術とは?

    『言葉』の伝え方って難しいですよね。コピーライターという専門職があるく…

  4. 本の紹介

    【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生…

  5. 本の紹介

    【書評】住まいを守る耐震性入門、を読んで

    住宅と言えば一般的に「木造住宅」のことを指す。木は何とも使い勝手が悪い…

  6. 本の紹介

    【書評】主婦建築家が考えた「住みやすいリフォーム」114の知恵、を読んで

    最近はただの「建築家」ではインパクトに欠ける。「〇○建築家」としないと…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  2. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 一級建築の試験勉強

    本当に知りたかった!一級建築士と二級建築士は何が違う?
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP