本の紹介

【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

ども、tyazukeです。

建築設計の実務を続けていると、学生の頃常に抱いていた「建築の楽しさ」を忘れます。そんなとき、ふと棚においてあった本を眺めていると本書を見つけました。

『建築ノート』

当時好きだった建築物は、今見ても良いなあと思います。

僕が好きな建築家 ゴッドフリートべーム

ゴットフリートベ―ムはドイツ出身の建築家です。日本の評価は彼の建築はアントニオ・ガウディのように好き嫌いがハッキリと分かれています。RCを用いた有機的な建築物、内観は光と言うより影を巧みに用いています。

内観はランダムに空間がくり抜かれ、外観も対称性はなく面白い形をしています。今、構造設計の実務をしている立場で本書を読むと、非常にいやーな形をしていますが笑。

 

学ぶは真似ること。

誰しも好きな建築がありますよね。内観がおしゃれとか、理由は様々だと思いますが。実は、その時好きな建築って時間が経ってもそんなに変わりませんし、それが、大げさにいうと自分のデザインの源流になると思います。

学ぶ=真似るという言葉は良く知られていますが、どんな偉大な建築家も無からアイディアを生みだしていません。先人の建物、自然物だったり、形を真似ることで設計の考え方を昇華させます。

 

君にも好きな建築があっただろ?

貴方も好きな建築があると思います。まだ見つかっていない人は本書や新建築を探しましょう。見つかれば自分のデザインの方向性が見つかり、将来設計するときの助けになると思いますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. ブログのネタに困ったら、自分の当たり前を探してみよう
  2. サルでもわかる、建設と建築の根本的な違いについて
  3. 大学教授は上手い商売なのか
  4. クレーンの衝撃力を設定する基礎項目について
  5. 会社をズル休みした日の、心穏やかに過ごす方法とは

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身こ…

  2. 本の紹介

    どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

    ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界には…

  3. 本の紹介

    【書評】リフォーム業者選び50のコツ、を読んで。

    リフォーム業者はほとんどが悪徳業者・・・そんな噂が流れた時がありました…

  4. 本の紹介

    技術者に必要な言葉の技術とは?

    『言葉』の伝え方って難しいですよね。コピーライターという専門職があるく…

  5. 本の紹介

    本当は教えたくなかった、材料力学の基礎がわかる良書3つ

    ども、tyazukeです。力学が苦手な人にとって、「構造力学」…

  6. 本の紹介

    【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  2. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  5. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
PAGE TOP