本の紹介

【書評】 建築ノ―ト 建築設計の楽しさを思い出す

ども、tyazukeです。

建築設計の実務を続けていると、学生の頃常に抱いていた「建築の楽しさ」を忘れます。そんなとき、ふと棚においてあった本を眺めていると本書を見つけました。

『建築ノート』

当時好きだった建築物は、今見ても良いなあと思います。

僕が好きな建築家 ゴッドフリートべーム

ゴットフリートベ―ムはドイツ出身の建築家です。日本の評価は彼の建築はアントニオ・ガウディのように好き嫌いがハッキリと分かれています。RCを用いた有機的な建築物、内観は光と言うより影を巧みに用いています。

内観はランダムに空間がくり抜かれ、外観も対称性はなく面白い形をしています。今、構造設計の実務をしている立場で本書を読むと、非常にいやーな形をしていますが笑。

 

学ぶは真似ること。

誰しも好きな建築がありますよね。内観がおしゃれとか、理由は様々だと思いますが。実は、その時好きな建築って時間が経ってもそんなに変わりませんし、それが、大げさにいうと自分のデザインの源流になると思います。

学ぶ=真似るという言葉は良く知られていますが、どんな偉大な建築家も無からアイディアを生みだしていません。先人の建物、自然物だったり、形を真似ることで設計の考え方を昇華させます。

 

君にも好きな建築があっただろ?

貴方も好きな建築があると思います。まだ見つかっていない人は本書や新建築を探しましょう。見つかれば自分のデザインの方向性が見つかり、将来設計するときの助けになると思いますよ。

スポンサーリンク
 

こちらも人気の記事です

ピックアップ記事

  1. 業界人が教える、大手ゼネコンの初任給と特徴をランキングにしました。
  2. ブログ記事のネタは連想することで大量生産できる、と言う話
  3. コンペで勝てない事務所に共通する3つのこと
  4. 建築家の事務所へインターンに行き、何を学び何をしたのか書く。
  5. ブログの長続きの秘訣は、思いついたことを書くこと。

関連記事

  1. 本の紹介

    【書評】もっと知りたい!リフォーム&中古住宅売買の基礎知識、を読んで。

    今日は、こんな本を読んでみました。まず頁をめくり、「はじめに」…

  2. 本の紹介

    【書評】建築家と家を建てたい、を読んで

    「一生に一度の買い物」を建築家に頼みたい人は案外多い。建築関係のテレビ…

  3. 本の紹介

    【書評】建築に夢をみた、を読んで。

    安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ…

  4. 本の紹介

    【書評】構造設計とは建物が壊れる理由を知ること。 

    構造設計は、いかに部材を壊すか?と言われています。つまり、地震時に部材…

  5. 本の紹介

    【諦めた】読了を断念した建築本3つについて

    実は読了を諦めた本がいくつかあります。本を買うとき、借りるとき結構選別…

  6. 本の紹介

    【書評】図解・超高層ビルのしくみ、を読んで

    構造設計にかかわるものとして超高層は夢だ。僕も世間知らずの学徒のころ、…

スポンサーリンク

最近の記事

Tazukeのおすすめ書籍

  1. 労働のこと

    仕事一筋の人がヤバい理由と、構造設計者の7割が削減された将来
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の試験に使えるスマホ用アプリ5選
  3. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  4. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
  5. 建築のこと

    隈研吾さんが設計したサニーヒルズを見学した話
PAGE TOP