本の紹介

  1. 『検索エンジンに上位表示する方法を教えます』を読んで感じたこと。

    最近、図書館にはまっています。それまでは本を買ってましたが、『買うの勿体ないなあ・・・』ということを社会人5年目で気づいたのです。新刊がない、少し汚い、…

  2. 【書評】建築構造計画入門 松井源吾

    建築構造は計画が最も重要であると、松井源吾先生が著書の中で述べています。松井源吾先生は、早稲田大学の教授を務められた建築構造の権威です。氏は、数多くの名著を残さ…

  3. 【書評】初めての建築構造設計

    入社したての頃、右も左も分からない状態で構造設計をしていました。僕が入社した設計事務所は、それはもう風通しが悪くて。今でも在籍中なんですが、とにかく社員同士の会…

  4. 【書評】実例でわかる 工作しやすい鉄骨設計

    僕が構造設計を始めた頃、一番わからなかったことが基礎の設計と部材接合部の納まりです。一番初めに鉄骨造の小屋を設計させてもらったのですが、ガセットプレートや高力ボ…

  5. 【おすすめ本】 鋼構造の性能と設計 桑村仁

    大学院生のときに購入した参考書です。学校指定の本ではないのですが、鋼構造で良い本を探していました。桑村先生が鋼構造の権威であることは、僕でも知っていたので買って…

  6. 【書評】構造設計とは建物が壊れる理由を知ること。 

    構造設計は、いかに部材を壊すか?と言われています。つまり、地震時に部材の壊れ方をイメージしてよりエネルギー吸収に優れた建物を設計する、という意味合いです。この話…

  7. 【書評】あした死ぬかもよ。

    設計事務所で働いている人の中には、設計という仕事に対する疑問や、年をとっても仕事を続けられるのか、悶々としている人も多いと思います。僕もその1人。偶然、本屋…

  8. 【書評】幸せな人だけが知っているシンプルな生き方

    幸せな人ってシンプルに生きているように見えますよね?多分、現代人よりも一昔前の日本人の方が貧しいけど、幸せだったと思います。ブータンは幸福の国なんて言われていま…

  9. 【書評】構造設計の実務おすすめ本 JASCA S造建築構造の設計

    今回は構造設計のおすすめ実務本を紹介します。対象は、構造設計実務の初学者です。私もこの本に何度も助けられました。JSCA版 S建築構造の…

  10. 【書評】 武藤清 構造力学の応用

    本書は構造力学を学ぶ実務者向け。構造力学の基礎を着実に身に付けた後、物足りなくなったら本書を開きましょう。建築構造力学 (大学課程)…

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  2. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  3. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
  4. 労働のこと

    超高齢化社会と未来の住居スタイルについて
  5. 労働のこと

    過去の仕事に責任ばかり付き纏う、建築の設計は呪いじゃ、祟りじゃ。
PAGE TOP