本の紹介

  1. 【書評】ゼロからはじめる建築知識「建築構造」を読んで

    ゼロからはじめるシリーズ。今回は構造編を読んでみました。本当にこの本はカバーデザインが素晴らしい。そこは100点満点。問題は中身ですが。…

  2. 【書評】プラチナデータを読んで。

    毎日、かたい本ばかり読んでいないで、たまには小説でも。ミステリー作家、東野圭吾さんの作品を手に取りました。この方の作品は、映画やドラマになるほど有名なもので…

  3. 地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

    「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。ほんと僕たち技術屋は世間に疎くて、経済とか保険等、世間のものに関心を持たない人が多いですよね。僕も学…

  4. 地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」①

    「仕事は、建物の構造設計をやっています。」「そうなんですか。すごい立派なお仕事ですね~」「いえいえ。」「地震で建物がどうなるかも不安ですけど、建物が…

  5. 【書評】ゼロから始める建築知識「鉄骨造」を読んで

    本書はエクスナレッジが出版している「ゼロから始める建築知識シリーズ」の1つ。エクスナレッジは、初心者向けに分かりやすい本を出版しています。表紙もデザインされ…

  6. 【書評】「これからの日本、経済より大切なこと」を読んで。

    最近の若者(僕ら世代も含む)は、会社に忠誠を誓って家族を犠牲にプライベートを犠牲にする人は少ないと聞きます。仕事よりもプライベートを重視、働く時間は短く、極…

  7. 【書評】生き延びるための地震学入門を読んで。

    建物の構造設計やってます、と言うと地震に物凄く詳しいと思われます。いや、僕は地震学は専門外なんです、と言うと「アンタ何やってんだ」みたいな目が辛い。建築やっ…

  8. 【書評】理系バカと文系バカを読んで。

    キャッチーなタイトルが目を引きます。逆に言えばそれだけの本でした。本書はサイエンスライターの竹内氏(テレビやラジオの出演多数)が、「文理両道が大事」というこ…

  9. 地方に住む僕たち。教育格差から抜け出すには?

    僕は人口100人程度の集落で生まれました。近くにコンビニ・スーパなど便利なものは一切なく、自販機を見つけることも一苦労です。若者が少ないので子供も生まれず、小学…

  10. 技術者に必要な言葉の技術とは?

    『言葉』の伝え方って難しいですよね。コピーライターという専門職があるくらい簡単にはいかないこと。僕も会社やブログでさんざん言葉の使い方は悩んでいます。表現一つで…

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の難易度とは?今と昔の違い、大学別の合格者数
  3. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  4. 一級建築の試験勉強

    【一級建築士】独学2ヶ月で法規勉強したけど、21点とれた。
  5. 一級建築の試験勉強

    総合資格学院の講師は、どうすればなれる?
PAGE TOP