本の紹介

  1. 【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が可能になることで、よりスピーディーにビジネス活動が進められる、というもの。個人的な実感…

  2. 【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身これからの日本は新築したり、増築するメリットが少ないのでは?と思うところがあるからです。…

  3. 【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も、その1つ。煽るようなタイトルで「まさかの」と付いているあたり、僕は好きではありません…

  4. 【書評】ゼロからはじめる建築知識「建築構造」を読んで

    ゼロからはじめるシリーズ。今回は構造編を読んでみました。本当にこの本はカバーデザインが素晴らしい。そこは100点満点。問題は中身ですが。…

  5. 【書評】プラチナデータを読んで。

    毎日、かたい本ばかり読んでいないで、たまには小説でも。ミステリー作家、東野圭吾さんの作品を手に取りました。この方の作品は、映画やドラマになるほど有名なもので…

  6. 地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」②

    「よくわかる地震保険」の書評①に引き続き、第②です。ほんと僕たち技術屋は世間に疎くて、経済とか保険等、世間のものに関心を持たない人が多いですよね。僕も学…

  7. 地震保険について勉強中。【書評】「よくわかる地震保険」①

    「仕事は、建物の構造設計をやっています。」「そうなんですか。すごい立派なお仕事ですね~」「いえいえ。」「地震で建物がどうなるかも不安ですけど、建物が…

  8. 【書評】ゼロから始める建築知識「鉄骨造」を読んで

    本書はエクスナレッジが出版している「ゼロから始める建築知識シリーズ」の1つ。エクスナレッジは、初心者向けに分かりやすい本を出版しています。表紙もデザインされ…

  9. 【書評】「これからの日本、経済より大切なこと」を読んで。

    最近の若者(僕ら世代も含む)は、会社に忠誠を誓って家族を犠牲にプライベートを犠牲にする人は少ないと聞きます。仕事よりもプライベートを重視、働く時間は短く、極…

  10. 【書評】生き延びるための地震学入門を読んで。

    建物の構造設計やってます、と言うと地震に物凄く詳しいと思われます。いや、僕は地震学は専門外なんです、と言うと「アンタ何やってんだ」みたいな目が辛い。建築やっ…

  1. 労働のこと

    転職すべき設計事務所の特徴3つ、おすすめの転職先の選び方
  2. 労働のこと

    建築設計を辞めたい!と思ったときチェックする3つの項目
  3. 建築のこと

    基礎から学ぶ、隣の音が聞こえないマンションの特徴と遮音等級について
  4. 構造設計に関すること

    剛域とは?その意味と設定方法について説明します。
  5. 労働のこと

    【tyazuke式】性格別、仕事の適性について
PAGE TOP