本の紹介

  1. 【書評】読んで旅する世界の名建築、を読んで。

    今日読んだ本はコレ。「読んで旅する世界の名建築」です(一番下の画像は同著者の忘却の建築、ですが。画像がなかったのです)。著者は五十嵐太郎さん。学生時代に…

  2. どんなにツマラナイ本でも最後まで読み通すことが大切

    ツマラナイ本って山ほどあります。そりゃぁ、本の数が数十万とか、世界にはもっと沢山の本があるわけで、当然のこと。で、重要なのが本を最後まで読み通すこと。読…

  3. 【書評】建築に夢をみた、を読んで。

    安藤忠雄さんの著書です。随分前に執筆された本ですが、実はNHKのテレビ番組?を編集してつくったものらしい。あとがきの文体と、本文の文体が明らかに…

  4. 【書評】私があなたを殺した、を読んで

    東野圭吾の本格ミステリの1つ。「私があなたを殺した」を読みました。本格ミステリと言うだけあって、難解かつ最後まで犯人は明かされず物語は終わります。&nb…

  5. 【書評】アメリカを見れば世界がわかるを読んで。

    高校、大学院、社会人になってからというもの、ずっと理系畑を歩んできた僕にとっては政治や国際情勢は縁遠い話。一方で、政治バラエティやドキュメンタリーが好き…

  6. 【書評】ロスジェネの逆襲を読んで

    半沢シリーズ、ロスジェネの逆襲。ドラマでも有名になった半沢直樹の連載を単行本化した本作は、ロストジェネレーション世代の怒り、葛藤、そして半沢の痛快な勧善懲悪っぷ…

  7. 【書評】意識すれば普段の生活をアウトドアに!「人間の基本」を読んで。

    僕は田舎生まれ、田舎育ち。でも今は都会に住んでいます。都会で仕事して都会で暮らす。すると心が疲弊して疲れ切ってしまいます。そんな時、緑を見て自然に触れる…

  8. 【書評】クラウドからAIへを読んで。

    一時期、クラウドという言葉が流行りました。ネット上でデータの相互使用が可能になることで、よりスピーディーにビジネス活動が進められる、というもの。個人的な実感…

  9. 【書評】減築のすすめを読んで。

    図書館で借りた本「減築のすすめ」を読みました。というのも、僕自身これからの日本は新築したり、増築するメリットが少ないのでは?と思うところがあるからです。…

  10. 【書評】まさか!の地震に強い住まい選びを読んで。

    3.11以降、一般向けに地震関連の本が数多く出版されました。本書も、その1つ。煽るようなタイトルで「まさかの」と付いているあたり、僕は好きではありません…

  1. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  2. 構造設計に関すること

    土間コンクリートとスラブの違いと、配筋や床厚について
  3. 労働

    業界人が考えた、有名な建築家になるために必要なこと6つ。
  4. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
  5. 労働

    就活エージェントに進路相談できる「キャリセン」が大学教授より心強い件
PAGE TOP