本の紹介

  1. 建築家のおくりもの、頂きました。

    ども、tyazukeです。絶えず本を読んできた。ところがどんな本に感銘したか、影響されたかと問われると、返答に困ってしまう。多分影響をできるだけ受け…

  2. 【どんでん返し系】名古屋を舞台にした警察もの小説を読んだ

    ども、tyazukeです。警察もの小説割と好きなんですが、一時期住んでいた名古屋市を舞台にした「警察もの」読んでいます。両刃の斧 (中公文庫)…

  3. 建築の仕事辞めたから、そうだ、旅に出よう。

    ども、tyazukeです。仕事を辞めた途端、色々な所へ行きたい欲求がでてきました。実は、もともと飛行機に乗るのが好きで、実家へ帰省するときも「飛行機」。…

  4. 木造住宅は、本当は強い?熊本の地震が教えてくれたこと

    「木造住宅は、構造設計(計算)を行う必要がない」一般の方が聞けば「え?なんで。危ないじゃん」と思うでしょう。もちろん地震で倒れるわけにはいかないので、「…

  5. 直感で構造設計を理解する方法とは?

    構造設計を長年続けると「直感」が身につく。ぱっと図面や建物を見るだけで、瞬間に「あ、これヤバイ(持たない)」という感覚に襲われるわけです。ではど…

  6. 【書評】本田正信VS石田三成

    ども、tyazukeです。久々に小説を買いました。コレです。 石田三成(秀吉)VS本多正信(家康) (文芸社文庫 し 4-1)ありきたりなストー…

  7. 【書評】アウトドア雑誌Filderの野生動植物を食う企画が、予想の斜め上だった。

    ども、tyazukeです。僕は雑誌を読むのが趣味でして、主に生活系や建築系雑誌を読んでおります。生活系なら& Premiumだし、建築系ならゴリ…

  8. 何度読んでもハマった、池井戸潤のおすすめ小説3つ。

    ども、tyazukeです。僕は普段小説を読まないのですが、実は好きな作家さんがいます。 池井戸潤さんです。彼の作品は、銀行や会社のリア…

  9. 建築嫌いの僕でもおすすめしたい、建築が好きになる建築本1つ。

    ども、tyazukeです。建築嫌いを公言してブログをしておりますけども。そんな建築嫌いの僕でも、「あっ、建築っていいなぁ」と思わせる本があります。…

  10. 本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選

    ども、tyazukeです。これまで僕が読んできた構造力学の本。ぶっちゃけ役に立たなかった本もあれば、すごく良かった本もあります。もっと言えば、「…

  1. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  2. 一級建築の試験勉強

    構造一級建築士制度で構造屋が減っていく件
  3. 構造設計に関すること

    構造目線で考えよう。3本の矢を折るために必要な力とは。
  4. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  5. 構造設計に関すること

    曲げひび割れモーメントとは何か?
PAGE TOP