建設業界のこと

  1. 空き家問題を正しく知る、9つのTips。

    このブログを読んでいる方ならご存知ですが、これまで空き家問題を書いてきました。本業は構造屋で全くの門外漢なのですが、建築にかかわる人なら知って当たり前だと思うの…

  2. 超高齢化社会と未来の住居スタイルについて

    【※3000字くらいの文量あります。読了に10分くらいかかります。】少子高齢化より、2055年には人口約9000万人まで減少します。このころ、高齢者(6…

  3. ゼネコンはロボット会社と提携してIcT技術の研究開発をもっと行うべき

    世界と比べても日本のゼネコンは開発費用が多い国です。しかし、産業別にみるならば開発費用の低さが目立ちます。具体的には、売上に対してたったの0.4%。詳し…

  4. 新築物件は本当に減っているのか?統計から考える。

    僕が学生の頃、先生たちから『これからは改修が増える!』と耳にタコができるまで言われました。あぁそうなんだ、と思っていたのですが、設計事務所に入ると意外や…

  5. ゆとり世代の新入社員が会社を辞めないためには?

    ダイアモンドオンラインを読んでいたら、『ゆとり世代が「給料」より「休み」を重視する理由』という記事がありました。記事の内容はそのままで、『ゆとり…

  6. 「日本再興戦略 2016 ―第4次産業革命に向けて―」を読んだ感想。

    国交省のHPからPDFでダウンロードできるコレ⇒日本再興戦略 2016 ―第4次産業革命に向けて―を読みました。文章はおそらく役人が作ったんでしょうが、意外と人…

  7. 僕が土木工学科から建築学科へ転科した理由とその後。

    僕は、高専(工業高等専門学校)に通っていましたが、そこには建築学科が無く、まず土木工学科に入りました。ホントを言えば、その表現も違って、元々は情報工学科…

  8. 超高層はどこまで高くなるのか?

    突然ですが、ここはどこでしょう?そう、正解は日本! 夕日に映えるスカイツリーが綺麗ですね。・・・・・…

  9. 例えばマンションの一室で地震が起きたら、まず何をする?

    地震が起きたら、何をするのか? 知らない人も多いのではないでしょうか。以前、社内にたとき地震が起きました。震度3くらいの揺れだっと思います。僕は急いで頭を守る行…

  10. 既存住宅を買うなら国から補助金がでるよ。

    日本は他国に比べて著しく既存住宅の流通が少ないことを、このブログでも指摘しました↓http://imayomu-kentiku.jp/?p=1738…

  1. 労働のこと

    マイナビエージェント、建築士の転職成功事例が全然成功じゃない件
  2. 労働のこと

    一級建築士の年収とは?本当に分かる30歳の年収、独立後の年収
  3. 一級建築の試験勉強

    一級建築士の合格率とは?本当に分かる合格率の推移、過去の合格率
  4. 構造設計に関すること

    Autocadで変断面の断面係数を求める方法
  5. 建築のこと

    本当は教えたくない、構造力学の勉強で役立った良書3選
PAGE TOP